【厳選】錦織圭 ダイジェスト動画 トップ10 ~by YouTube~

you tube


2008年よりプロ活動を開始した錦織選手

数多くの試合をしてきた中で

・ターニングポイントとなった試合

・印象深かった試合

など管理人の独断で決定したダイジェスト動画をランキング形式で掲載させていただきました。

それではご覧ください


—-スポンサードリンク—-


  1. 【2014】全米オープン/準優勝

    【関連動画】
    Tennis Highlights(00:12:37)

    日本人だけではく世界にKEI-NISHIKORIの存在を知らしめた大会でした。この大会の準優勝がきっかけで、以降「トップ10プレーヤーの常連」を位置付けた大会となりました。

  2. 【2008】デルレイビーチ国際/優勝

    ツアー初優勝となった記念すべき大会。18歳での優勝は(当時の)最年少記録となりました。※決勝はJ.ブレーク(最高ランク5位⇔錦織244位)

  3. 【2016】リオデジャネイロオリンピック/銅メダル

    【関連動画】
    NHK(00:04:58)

    準々決勝では相手にマッチポイントを握られながらの逆転勝利! メダルを懸けた3位決定戦にはあのR.ナダルに勝利! 勝利後の感極まった涙が印象的でした

  4. 【2018】全米オープン/ベスト4

    2017年からの肘の怪我の影響で第21シードからモンフィス、シュワルツマン、チリッチと並みいる強豪に勝利した姿は「完全復活」を印象付けました。
    【関連ページ】
    錦織圭「2018全米OP」 試合結果&動画・コメントなど


  5. 【2018】ツアーファイナル/予選敗退

    大会自体は予選で敗退となりましたが、初戦となるリーグ戦でレジェンドR.フェデラーと対戦し大方の予想を覆し見事勝利を飾ってくれました。
    【関連ページ】
    錦織圭「2018ツアーF」 試合結果&動画・コメントなど


  6. —-スポンサードリンク—-


  7. 【2016】全米オープン/ベスト4

    プレイスタイルが比較的似ている同士のトップ対決。「決め急がずにラリーで耐えてチャンスボールを待つ」戦術で1-6,6-4,4-6,6-1,7-5のフルセット勝ちでした。
    【関連ページ】
    錦織圭「2016全米OP」 試合結果&動画・コメントなど


  8. 【2019】全豪オープン/ベスト8

    初戦からフルセットマッチの連続となった同大会。ジョコビッチに敗戦したものの4回戦ではP.カレノ=ブスタに2セットダウンからの大逆転勝ちをおさめ会場は大興奮でした。
    【関連ページ】
    錦織圭「2019全豪OP」 試合結果&動画・コメントなど

  9. 【2019】全英オープン/ベスト8

    危なげなく準々決勝まで勝ち進み「本気で勝ちに行く」と挑んだフェデラー戦。芝の王者に1stセットを先取したものの敗戦となりましたが大会のベストマッチの一つにも選出されました。
    【関連ページ】
    錦織圭「2019全英OP」 試合結果&動画・コメントなど


  10. 【2019】全仏オープン/ベスト8

    中堅プレーヤーに苦戦しながらもフルセット勝ちの連続で見事ベスト8進出! 地元B.ペールとの試合でファイナルセット1-4からの勝利はフランス国民でさえスタンディングオベーションにて称えました。
    【関連ページ】
    錦織圭「2019全仏OP」 試合結果&動画・コメントなど


  11. 【2019】ブリスベン国際/優勝

    決勝に何度も進みながら優勝が遠ざかっていた時期があった錦織選手。約3年ぶりとなるATPでの優勝は「錦織圭の存在」を改めて世界にアピールした結果となりました(決勝 メドベージェフ 64,36,62)
    【関連ページ】
    錦織圭「2019ブリスベン」 試合結果&動画・コメントなど


—-スポンサードリンク—-


このページの先頭へ