錦織圭「ブリスベン国際(Brisbane International)」 動画・ニュース&コメントなど【2018.12月31日~2019.1月6日】

ブリスベン国際 コート

Frog man(管理人)
錦織選手、約3年ぶりとなるツアー優勝を飾りました!
2019年のkeiはかなりの期待ができそうです。


▼目次 (タップでジャンプします)

錦織圭 試合結果&スコア | 2019ブリスベン国際

【速報】錦織圭「Brisbane International」試合結果
Rou Res Opp Ran Sco
F D.メドヴェデフ 16 64,36,62
SF J.シャルディ 40 62,62
QF G.ディミトロフ 19 75,75
2 D.クドラ 63 75,62
1 *** *** *** Bye(シード)
—-スポンサードリンク—-

決勝結果 | 対D.メドヴェデフ 01.06day

D.メドヴェデフ 勝ち

  • 試合日程:01月06日18時00分(※日本時間)
  • 対戦相手(国名):D.メドヴェデフ(ロシア)
  • 世界ランク:16位
  • 過去対戦成績:1勝1敗⇒2勝1敗

準決勝結果 | 対J.シャルディ 01.05day

J.シャルディ 勝ち

  • 試合日程:01月05日14時00分(※日本時間)
  • 対戦相手(国名):J.シャルディ(フランス)
  • 世界ランク:40位
  • 過去対戦成績:6勝2敗⇒7勝2敗

準々決勝結果 | 対 G.ディミトロフ 01.03day

グリゴール・ディミトロフ(Grigor Dimitrov) 勝ち

  • 試合日程:01月03日18時00分(※日本時間)
  • 対戦相手(国名):G.ディミトロフ(ブルガリア)
  • 世界ランク:19位
  • 過去対戦成績:4勝1敗⇒5勝1敗

2回戦結果 | 対 D.クドラ 01.02day

D.クドラ 勝ち

  • 試合日程:01月02日12時00分(※日本時間)
  • 対戦相手(国名):D.クドラ(アメリカ)
  • 世界ランク:63位
  • 過去対戦成績:1勝0敗⇒2勝0敗

ブリスベン国際 ロゴ 大会概要 | Brisbane International






錦織圭 決勝 まとめ☆ | 総評・動画・コメント など

Frog man(管理人)
「メドヴェデフの破壊力」VS「錦織のフットワーク」といった感のある対戦は、精度の高いテニスをみせた錦織選手に軍配が上がりました。

決勝 総括 | 【引用】tennis365.net

■錦織 2年11カ月ぶりV
錦織圭 ブリスベン国際大会 優勝

男子テニスのブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)は6日、シングルス決勝が行われ、第2シードの錦織圭が第4シードのD.メドヴェデフ(ロシア)を6-4,3-6,6-2のフルセットで破り、2016年2月のメンフィス・オープン(アメリカ/ニューヨーク、室内ハード、ATP250)以来 約2年11カ月ぶりのツアー優勝を果たした。決勝での連敗を9でストップさせ、キャリア通算12勝目をあげた。
決勝戦、錦織は得意のストローク戦でメドヴェデフに主導権を握られると、第2ゲームでブレークを許してゲームカウント0-3と苦しいスタートとなる。
その後、徐々にウィナーを決めるなどでリズムを掴み始め、第5ゲームでブレークバックに成功。さらに第7ゲームでは最後リターンエースを放った錦織が再びメドヴェデフのサービスゲームを破り、第1セットを先取。
第2セットも好調の錦織だったが、8本のブレークポイントを握るもこのチャンスを逃すと、メドヴェデフに勢いを与え、第7ゲームから3ゲームを連取されてセットカウント1-1とする。
ファイナルセットは両者一進一退の攻防から、錦織が第4ゲームで集中を欠くメドヴェデフからミスを誘い出してブレークに成功。以降もリードを守り、昨年の2018楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス(日本/東京、 室内ハード、ATP500)決勝で苦杯を喫したメドヴェデフに雪辱を果たした。

決勝 動画 | 対 D.メドヴェデフ(ロシア)

Frog man(管理人)
➀決勝ダイジェスト動画 ➁トロフィー セレモニー ➂➃大会全体のイメージ動画

youtube イメージ【ダイジェスト動画】 | Brisbane International 04:42

youtube イメージ【トロフィー セレモニー】 | Brisbane International 13:44

youtube イメージ【大会イメージ動画Ⅰ】 | Brisbane International 01:46

youtube イメージ【大会イメージ動画Ⅱ】 | Brisbane International 01:19


決勝kei’sコメント | KEI NISHIKORI

kei
とてもうれしい。やっとタイトルが取れた。素晴らしい決勝戦だった。日本での決勝で彼(メドヴェデフ)に負けていたから、今日はリベンジができてうれしい



錦織圭 準決勝 まとめ☆ | 総評・動画・コメント など

Frog man(管理人)
相手のシャルディが苦笑いするほど『完璧な内容』だった錦織選手。ツアーVまであと1勝となりました!

準決勝 総括 | 【引用】tennis365.net

■錦織 今季初の決勝進出でV王手
錦織圭 2019ブリスベン 決勝進出

男子テニスのブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)は5日、シングルス準決勝が行われ、第2シードの錦織圭が世界ランク40位のJ.シャルディ(フランス)を6-2,6-2のストレートで下して今季初の決勝進出を果たし、約2年11カ月ぶりのツアー優勝へ王手をかけた。
第1セット、錦織はミスを重ねるシャルディからストローク戦で主導権を握り、2度のブレークに成功して、このセットを先取。
第2セットに入っても衰えない錦織は第5ゲームでフットワークを活かしたスーパープレーを決めるなどで、シャルディのサービスゲームを破る。第7ゲームでは強烈なリターンからネットでポイントを取るなど再びブレークし、危なげなくストレート勝ちをおさめた。

準決勝 動画 | 対 J.シャルディ(フランス)

Frog man(管理人)
➀ダイジェスト動画
➁オンコートインタビュー

youtube イメージ【ダイジェスト動画】 | Brisbane International 02:48

youtube イメージ【オンコートインタビュー】 | Brisbane International 02:23

準決勝kei’sコメント | KEI NISHIKORI

kei
今日のプレーは、これ以上ないものだった。
いいサービスで凌げたし、全てが上手くいった。コートでは早く動けたと感じているし、サービスやリターンもよかった。完璧だった。



錦織圭 準々決勝 まとめ☆ | 総評・動画 など

Frog man(管理人)
ディミトロフを上回る好調ぶりで接戦をモノにした錦織選手。
準々決勝の中でのベストマッチにも選ばれました!

準々決勝 総括 | 【引用】tennis365.net

■錦織 熱戦制し5度目の4強へ
錦織圭ブリスベン2019

男子テニスのブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)は3日、シングルス準々決勝が行われ、第2シードの錦織圭が第6シードのG.ディミトロフ(ブルガリア)を7-5,7-5のストレートで破り、2017年以来2年ぶり5度目のベスト4進出を果たした。
この日、序盤から両者のサービスキープが続く中、錦織は得意のストローク戦の他にサーブ・アンド・ボレーもトライし、ディミトロフへプレッシャーをかけた。そして第11ゲームで2本連続のウィナーを決めてブレークに成功すると、続く第12ゲームをサービスキープし、第1セットを47分で先取。
第2セットは2017年のNitto ATPファイナルズ(ロンドン・室内ハード)を制した元世界ランク3位のディミトロフにブレークを許す展開から、バックハンドのウィナーを放った錦織が第7ゲームでブレークバック。その後は第10ゲームから3ゲームを連取して熱戦を制し、2年前のブリスベン国際決勝の雪辱を果たした。

準々決勝 動画 | 対 G.ディミトロフ(ブルガリア)

Frog man(管理人)
➀試合のダイジェスト動画
➁試合後の記者会見

youtube イメージ【ダイジェスト動画】 | Brisbane International 03:52

youtube イメージ【記者会見】 | Brisbane International 01:20

準々決勝kei’sコメント | KEI NISHIKORI

kei
タフな試合になると思っていた。
彼(ディミトロフ)は素晴らしい選手で、厳しいラリーもたくさんあった。お互い、いいプレーをしていた。今日のプレーには満足している



錦織圭 2回戦 まとめ☆ | 総評・動画・コメントなど

Frog man(管理人)
昨年はチチパスにも勝利したことのある実力者クドラ相手に圧勝の内容だった錦織選手。フットワークがキレっキレでした!

2回戦 総括 | 【引用】tennis365.net

■錦織、今季初戦白星スタート
錦織圭ブリスベン2019 初勝利

男子テニスのブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)は2日、シングルス2回戦が行われ、第2シードの錦織圭が世界ランク63位のD.クドラ(アメリカ)を7-5,6-2のストレートで下して今季初戦を白星で飾り、2年ぶり7度目のベスト8進出を果たした。
上位4シードは1回戦免除のため、この試合が初戦だった錦織はクドラの強烈なフォアハンドのストロークに苦しむ。その後、ゲームカウント5-5で迎えた第11ゲームでは錦織がブレークに成功し、第1セットを先取する。
第2セットは第1ゲームでパッシングショットを決めるなどでブレークした錦織がそのままリードを守り切り、1度もブレークを許すことなく8強入りを決めた。

2回戦 動画 | 対 D.クドラ(アメリカ)

Frog man(管理人)
インタビュー動画の2本立てです

youtube イメージ【オンコートインタビュー】 | Brisbane International 01:42

youtube イメージ【記者会見】 | Brisbane International 01:20

2回戦kei’sコメント | KEI NISHIKORI

kei
とてもいい試合だったし、タフな試合だった。
特に第1セットの彼(クドラ)はいいプレーをしていた。
(第1セットの)5-5から彼のレベルは少し落ちたと思う。同時に自分は、よりいいプレーができた。攻撃的なプレーでリズムが出始めた。
第2セットはサービスもかなり良くなった





ブリスベン国際のテレビ放送・動画配信先は?

Frog man(管理人)
この大会はTV・PC・スマホなどさまざまなデバイスよりご覧いただけます

テレビ放送イメージ「テレビ」にて放送分 | 【有料あり】

スマホ配信イメージ「ストリーミング動画」にて配信分 | 【無料あり・有料あり】






Brisbane International『Hot! Hot!! News☆』

Frog man(管理人)
「各日ごとの試合結果」を中心にトーナメント情報などをお知らせするコーナーです。

決勝結果(大会最終日)【01.06更新】
王冠錦織圭(2)
def 64,36,62
ダニール・メドヴェデフ(4)

Frog man(管理人)
約3年ぶりのタイトルとなった錦織選手。2019年は複数のタイトルが取れそうな精度の高いテニスを魅せてくれました。

決勝組合わせ【01.05更新】
  • 錦織圭(2) vs D.メドヴェデフ(4)
  • ※( )内数字はシード番号

Frog man(管理人)
錦織選手の対戦相手が決まりました。
2018楽天OPの雪辱を果たすチャンス到来です!


ベスト4選手出揃う【01.04更新】
  • 錦織圭(2) vs J.シャルディ(*)
  • D.メドヴェデフ(4) vs J=W.ツォンガ(*)
  • ※( )内数字はシード番号

Frog man(管理人)
いよいよ大会も大詰め。
決勝は錦織vsメドベージュ戦が濃厚といったところでしょうか!?


シード選手「2回戦」結果【01.02更新】
  • 錦織圭(2)2-0
  • K.エドモンド(3)0-2
  • D.メドヴェデフ(4)2-0
  • M.ラオニッチ(5)2-0
  • G.ディミトロフ(6)2-0
  • A.ミュラー(7)2-0
  • N.キリオス(8)0-2
  • ※( )内数字はシード番号

Frog man(管理人)
3シードのエドモンド、8シードのキリオスがシードダウンしました。※エドモンドに勝利したのは世界ランク185位の内山靖崇選手です(スゲー!!)


出場プレーヤー決まる【2018.12.05】
R.ナダル(2)
錦織圭(9)
K.エドモンド(14)
D.メドヴェデフ(16)
M.ラオニッチ(18)
G.ディミトロフ(19)
A.デミナー(31)
N.キリオス(35)
J.ミルマン(38)
J.シャルディ(40)
T.フリッツ(49)
L.メイヤー(56)
J.シュトルフ(57)
T.サングレン(61)
R.ハリソン(62)
D.クドラ(63)
A.ベデネ(67)
M.ズベレフ(69)
J.トンプソン(72)

J=W.ツォンガ(258)
A.マレー(259)

( )内の数字は2018.12.03付けのランキング

Frog man(管理人)
錦織選手は第2シードでの登場で決定しました



最後に… | 管理人の独りごちょ

Frog man(管理人)
この大会の色んな思いを勝手に書かせていただきました。
(ノークレームでお願いしますww)

「錦織圭・メドヴェデフ」2019年 この名前は覚えておくべき!【2019.01.06】

錦織選手が見事な優勝でブリスベン国際大会が幕を閉じました。

3年ぶりの優勝ということも嬉しかったのですが、管理人が何より嬉しかったのは「その内容」。

4試合全ての試合において質の高いプレーを一貫して戦い抜いた!

それで結果も繋がり優勝に結びついた。

そのことが今年の錦織選手の飛躍のきっかけになることは間違いないと思います。

ただ、相手のメドヴェデフ(ロシア)も凄かったですよ!

決勝こそ錦織選手の質の高いプレーを続けられ、最後にはパワーテニスに頼らざるを得ませんでしたが、

トップ10入りを大いに臭わせる内容だったことは事実です。

「両者の全豪オープンが気になって仕方がない」

そんな大会でした。

それではbye.


総合力で上回った錦織選手がベスト4進出【2019.01.03】

準々決勝の対ディミトロフ戦が終了したばかりで興奮しっぱなしの管理人ですw。

ディミトロフも良かったですが、それを上回る内容だった錦織選手がスゴ過ぎました!

サーブコントロール、試合勘、ネットプレー….。

ストロークだけではない総合力で勝ち取った勝利でした。

(事実上の決勝といっても過言ではない?!)

準々決勝は40位のJ.シャルディ。

決勝はD.メドヴェデフ(4)かM.ラオニッチ(5)あたりでしょうか…。

今日のフェデラー並みの総合力なら

「ゼッタイに行ける!」

そう感じさせてくれる今日のプレー内容でした。


ブリスベン大会のドローが決まりましたね【2018.12.29】

いよいよ錦織選手の2019開幕となるブリスベンのドローが決まりました。

我ら錦織選手は1回戦はBye(第2シードにより不戦勝)。

勝ち進めば準々決勝はG.ディミトロフ(6)。

準決勝はキリオス(8)かK.エドモンド(3)。

そして決勝はR.ナダル(1)かD.メドヴェデフ(4)、あるいはM.ラオニッチ(5)といったところでしょうか?

ATP250の大会とは思えない程の豪華メンバーですが、

「全豪オープン前の重要な前哨戦」という位置付けとなれば納得もいきます。

しばらく優勝がない錦織選手ですが、ここをサクッと優勝すれば

「全豪も〇〇が見えてくる!」

そんな気がしてなりません…。

(あえて書きません…)



wowowで生放送!
┏[ T V ]・[ P C ]・[Android]・[i-phone]┓

WOWOW
申込み初月は『必ず』無料です!!
----スポンサードリンク----

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ