錦織圭「ロジャーズ・カップ(Rogers Cup)」 コメント&動画 | 2016.07.25~08.01

錦織圭「決勝」 | X:N・ジョコビッチ(セルビア) 3-6, 5-7
08.01更新

錦織選手がロジャーズ・カップの決勝でジョコビッチと対戦し残念ながら敗退し準優勝となりました
錦織選手がロジャーズ・カップの決勝でジョコビッチと対戦し残念ながら敗退し準優勝となりました

表記の通り、健闘はしましたが、残念ながら世界No1ジョコビッチの牙城を崩せませんでしたね。

第1セットを落とし第2セットも先にブレークを許す苦しい展開の中、第6ゲームで初のブレークに成功してゲームカウント3-3と追いついたことろまでが精一杯でした。

(昨日の記事で「今のジョコを打ちぬけるのは圭しかいない」とか書きましたが、スミマセン・・・壁が厚かったです・・・)

しかし、優勝こそ逃しましたが怪我のウィンブルドンから復帰後すぐ【ATP1000】での大会で(今年2度目)の準優勝。
今後のオリンピック、全米OPとまずまずのスタートといっていいでしょう!

今後も圭から目が離せません!

それではお待たせしました。
今回の準優勝の動画となります。

次戦はオリンピック大会が8/6~始まります。
皆で圭を応援しましょー





錦織圭「準決勝」 | ○:S・ワウリンカ(スイス) 7-6 (8-6), 6-1
07.31更新

圭が今日の準決勝に勝ち、いよいよジョコビッチとの決勝が決定しました!
2016ロジャーズ・カップ(Rogers Cup)テニス決勝はジョコビッチ対錦織圭

いやぁ、ワウリンカとの準決勝はまさに白熱した試合となりましたが錦織選手が勝ちましたね。

第1セットを先にブレーク、タイブレークでも先にセットポイントを迎えたのはワウリンカの方でしたが、錦織選手の粘りに根負けした後、第2セットでは完全に錦織ペース。
集中力が切れてしまったワウリンカが『とんでもないミス』などらしからぬプレーで錦織選手が勝利をおさめました。

ではハイライト動画をご覧ください。ワウリンカの『とんでもないミス』ショットも動画におさめてあります。
更に今回は併せて勝利後のインタビュー動画もアップしております。
(英語がペラペラでカッコいいっす!)


いよいよ明日8/1早朝にジョコビッチとの決勝となります。
過去の対戦成績が2勝9敗だの云々はハッキリいって今回は関係ないですね。
圭の調子が良いだけにこのページで当初から予言していた通り
「ひょっとしたら・・・ひょっとするのです」

壁は厚いと思いますが、「今のジョコを打ちぬけるのは圭しかいない」と思います。
(キッパリと断言します)

そのくらい調子があがっていますよ!圭は!

錦織圭2回戦 | ○:D・ノビコフ(アメリカ) 6-4, 7-5
07.28更新

錦織圭 ロジャーズ・カップ(Rogers Cup)初戦
▲ノビコフ戦は錦織選手のリターンが冴えましたね☆▲

錦織選手にとって初戦となる2回戦は順当に勝利となりました。

左脇腹痛による(ウィンブルドン4回戦途中での)リタイア後の復帰戦となった今大会。

怪我の影響か?サービスダウンが3度もありましたが、『リターンの集中力』でゲーム数では競りはしているものの全体の試合内容は圧巻だったような気がします。

それでは今回の2回戦、Vsノビコフ戦の動画をご覧ください。

一方、錦織選手の天敵?!であるチリッチ選手がこの大会であるロジャーズ・カップ(Rogers Cup)のブロックが錦織選手と同じだったのですが「初戦敗退」となりましたので、次の3回戦を突破すればそれなりの結果が見えてくるのではないでしょうか?

3回戦はアメリカのレジーブ・ラム選手との対戦です。
ツアー成績では過去2度の優勝経験のある32歳のベテラン選手。
※過去最高ランキングは56位でサーブ&ボレーを得意とするプレーヤーです。
レジーブ・ラム(アメリカ)
■名前 レジーブ・ラム(Rajeev Ram)
■国籍 アメリカ
■利き腕 右利き(片手打ちバックハンド)
■生年月日 ****.****.****
■プロ転向 2004年
■過去の対戦 1勝1敗
■世界ランキング 118位


次の対戦も勝利を期待して観戦しましょう!
(怪我の影響だけがホント心配ですか・・・)

Come On Kei♪

いよいよマスターズ1000の大会「ロジャーズ・カップ」開幕です♪ 錦織選手のドローは2回戦~第3シードの登場となります
07.25更新

いよいよ全米オープンに向けた錦織選手が最も得意とする『ハードコート』シーズンの到来です。

また、オリンピック前の最後の試合ということでメダル獲得に向けた?!調整をこの「ロジャーズ・カップ(Rogers Cup)」で行って行くのでしょうか・・・

「ロジャーズ・カップ(Rogers Cup)」 優勝者 マレー選手
▲2015年度優勝者「A.マレー」も今大会は欠場▲

今大会は「マスターズ1000」というグランドスラムに次ぐポイントの高い格式ある大会に位置付けとなっており、我ら錦織選手はマスターズの大会では自身の最高シードである「第3シード」でドローが発表されました。
(ちなみにランキング1位のジョコビッチが第1シード、ランキング5位のワウリンカが第2シードとなっています)

ロジャーズ・カップの最新ドローはココからご覧いただけます

このドロー「ひょっとしたら・・・ひょっとするかもしれません」よ(・∀・)
ランキング2~4位の3人は欠場・・・
ジョコビッチとは決勝にならないと当たらないドロー・・・(ましてやウィンブルドンで負けて以来初めての試合)
錦織選手の優勝を期待するしかありませんね!

左脇腹痛の怪我も「まだ少し横腹に痛みがある」と公式ブログにコメントを残しているものの回復傾向にあるのは間違いありませんので初戦から注目です。

では、2回戦勝利後にこのページでダイジェスト動画もアップしていきますのでお楽しみに!

今回は大会前のインタビュー動画をお届けします

それではSee You~♪ヽ(´▽`)/

----スポンサードリンク----

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ