錦織圭「マイアミ・オープン(Miami Open)」 コメント&動画 | 決勝でジョコビッチに敗れ惜しくも準優勝

2016.04.04更新
錦織圭選手がN.ジョコビッチにストレートで負けちゃいました・・・

悔しいっ!ヽ( `皿´ )ノ

日本時間にして4日深夜2時から行われた「マイアミ・オープンの決勝戦」
ご覧になられた方も多いのではなかったでしょうか?

ご存じの方も多いと思いますが、我ら日本のエース錦織圭選手は世界ランキングNo.1(このマイアミオープンでは3連覇を達成)のジョコビッチ選手に3-6,3-6のストレートで敗戦、準優勝となりました。

マイアミオープン決勝

第1ゲームでいきなりジョコビッチのサーブをブレークする最高の立ち上がりだったのですが、「さすがは世界No1」と褒めざるを得ない【鉄壁なディフェンス】は錦織選手でさえも打ち崩せませんでしたね。

※今季のジョコビッチはここまで28勝1敗!
唯一の1敗もドバイ大会の準々決勝で目の炎症のためにF・ロペス(スペイン)との試合を途中棄権した時だけという恐ろしい勝率を誇っています。

錦織選手のアンフォースド・エラー(凡ミス)は29本と今大会ではありえない数となってしまい、途中ダブルフォルトをした時に(自分の思うようにプレー出来ない苛立ちから)珍しくラケットを地面に投げてしまう光景もあったようですが、これもやはり相手がジョコビッチだからそうなってしまうんでしょうね。

試合後のセレモニー表彰式では、「ノヴァーク(ジョコビッチ)、優勝おめでとう。」とジョコビッチを称えながら「次回は仕返ししたいと思う。」とコメントを語ると、その後マイクを手にしたジョコビッチが「そうならないことを願う。」とジョークで返すやり取りがあり、会場から笑いを誘っていました。

また、自身の公式サイトkei-nishikori.comでは
「ファイナルで勝てなかったのは残念だったけど、今年のマイアミ・オープンは充実していた。皆さんの応援に感謝している。今後も成長するために練習していく。」
と前向きなコメント発言をしていた錦織選手に今後も期待です。

それではお待たせしました。
今回の決勝戦、ダイジェスト動画をご覧ください。

今後は、4月18日から開催されるバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/ バルセロナ、クレー)に出場予定となり「大会3連覇」が錦織選手にはかかっております!
みんなで圭を応援しましょう!

▼圭の試合「全試合完全生方法」wowow▼


2016.04.02更新
錦織圭選手がN.キリオスにストレート勝ちで決勝進出決定です!
あの「ヤンチャ坊主」キリオスが錦織をリスペクト発言しまくりww

やりました!

デイセッションでのキリオス(オーストラリア)との試合でしたが6-3, 7-5のストレートで見事勝利しましたね!
マイアミ・オープン準決勝 キリオス対錦織

過去の対戦は1勝0敗の成績でしたが、なんとかくキリオスとは(同じストローカーで天才肌同士)「分が悪そう」と直感的に感じていた自分を見事に払拭してくれました。

勝敗を分けたのは「バックハンドの精度の違い」だったと思います。

キリオスのコメントで「錦織のバックハンドは世界トップレベル。今日もリターンが素晴らしく、自身サーブでかなり苦しんだ」とバックハンドの素晴らしさをコメントしています。

また、「彼はツアーで最も守備のいい選手の一人にも関わらず(第1セットを錦織が取ると)第2セット以降は攻撃も凄い球ばかりで手のつけようがなかった」とスコア以上の完敗をキリオスは認めています。

試合後の記者会見でも錦織のリスペクト発言は留まるところを知らず・・・
錦織選手をベタ褒めしているキリオス選手が、ある意味ちょっと気色悪かったですww
(ホントにリスペクトしてるのキリオス選手?!と聞いてみたいww)
悪童キリオス(オーストラリア)
「今日のケイのテニスはホントに良いテニスだった」
「彼の試合運びは全部わかっていたが彼は俺に簡単にポイントをさせず 終始アグレシッブだった、そんな中で俺はなんとか解決方法を模索して なんとかサーブ&ボレーを試みたりしたがそれは彼には効かなかった」
「それととにかくボールが常に深かった ただ返すだけじゃなくどこからでもウィナーを打ってきたよ」
「動きも俊敏で早いしリターンなんかホントにすごい」
「文句無しの完璧なテニスだった」

一方、錦織選手自身のコメントでは「今日は(暑さで)ボーッとしていたけど、その中でもいい試合ができた」
その中で「いつか(ブレークの)チャンスがくると思っていた」とコメントし、第2セットの6-5から(その通りの展開で)見事ブレークし勝利をおさめました。

※マッチポイントの最後に決めたあのネットプレーヤーも顔負けの「アングルボレー」はホントカッコ良かったし、錦織のセンスを感じましたね!

ではお待たせしました今回の動画です。
今回も2本立てですww

先ほど触れましたマッチポイントの部分が最初の動画で、後の動画が全体のダイジェストとなります。
それではご覧ください。

—-スポンサードリンク—-


※いよいよ決勝はあの世界ランクNo1の「N.ジョコビッチ」ですね
マイアミ・オープン決勝 ジョコビッチ対錦織
ゴフィンとの準決勝を見る限りでは、「錦織にも十分にチャンスあり!」とみてます。
みんなで圭を応援しましょう!
頑張れ「圭」!
Comeon♪「圭」
※決勝は日本時間 4月4日(月) 午前2時 開始(予定)となっております


2016.04.01更新
錦織圭選手、準々決勝でモンフィス(フランス)を破りベスト4進出決定しました!

本日(日本時間にして)早朝より行われた準々決勝がヤバかったですね。

身体能力がズバ抜けて高いフランスのG・モンフィスを4-6, 6-3, 7-6 (7-3)の逆転で見事勝利をおさめました。
G・モンフィス
【画像引用】http://news.tennis365.net/news/tour/players/details/index.html?id=men00238

モンフィスの「粘り(守備力)」Vs 錦織の「アタック(攻撃力)」の勝負でしたが、ホント紙一重の勝利でした。

最終ゲームで0-40から追いつき、気が付いてみれば錦織選手は5回のマッチポイントを凌いでいたことになるんですね。

「「メンタル的にも体力的にもきつかった」」

「(試合を)ほぼ諦めていた。特に最後の数ゲームは厳しかった。何を考えていたか、自分でも良く分からない。」

「マッチポイントを取られた時は半分あきらめていたし、思い切って打つようにした」

と錦織選手のコメントにもあるようにいつ負けてもおかしくない状況からの見事な大逆転劇!

これは、本当にひょっとすると、ひょっとするところまで来た感じがあります。
(ジョコビッチ次の試合でゴフィンに負けてくれないかなぁww)

それではお待たせしました。
動画の方をご覧ください。
1本目は「試合ダイジェスト」
2本目は(勝利が決まった瞬間からの快心のガッツポーズとともに)お互いを称えあうモンフィスとの「抱擁の動画」です。
めちゃくちゃ感動するからぜひご覧ください。
(モンフィスの勝負とは別の人間性がメチャ良い人な感じがします)

—-スポンサードリンク—-

※次なる対戦は、ラオニッチとの下馬評を覆した「(お騒がせ)キリオス選手」です。
意外と厄介な選手だけに、みんなの応援で圭を勝たせてあげましょう。
試合開始は4月1日の第3試合(※日本時間 4月2日 午前8時開始予定)となります。


2016.03.27更新
錦織圭選手、4回戦を勝ち抜きベスト8進出決定しました!

今日のお相手はR・バウティスタ=アグ(スペイン)
(まだほぼ無名←失礼ww)
バウティスタ=アグ
【画像引用】http://news.tennis365.net/news/tour/players/details/index.html?id=men00759

世界ランキングは18位の選手で、今大会は第17シードの選手との対戦でしたが、3回戦同様に圧勝でした!
(スコア6-2,6-4)
調子の良さがうかがえますね。

錦織選手の試合後のコメントでは・・・

「今日はすごく内容は良かったと思います。」
「第2セット目では彼(バウティスタ=アグ)もいいプレーをしだしたので、ラリーも長くなりましたけど、全体的にすごく攻めれて、主導権を握れてたので、いいテニスが出来たと思います。」

次の対戦にむけては

「ちょっとだけですが、今日の試合も見てましたけど、すごく粘り強いというかミスをほとんどしない選手。
(逆にいえば)その分あんまり攻めてもこないので、
「攻守のバランスをしっかりやって頑張りたいと思います。」

とコメントを残してくれました。

さて・・・
今大会は第3シードのR・フェデラー(スイス)がウイルス性疾患のため棄権
第4シードのS・ワウリンカ(スイス)、第5シードのナダルともに2回戦敗退
さらにさらに、第2シードのA・マレー(英国)も3回戦敗退しているので勝ち残っている選手のシード順でいえば、第1シードのジョコビッチに次ぐ高シード選手が錦織選手です!
言っちゃイケナイとは思いながら・・・
「優勝の大チャンスです!」
みんなで圭をしっかりと応援しましょう!



今回の動画はバウティスタ=アグの知名度がまだ低い(ホント失礼ww)ので、プレー内容ではなく、試合終了後すぐに行われたインタビューを動画にしてお届けします
(初のナイターでしたが背景が暗すぎやしませんか? 気のせい?)

それではご覧ください。

※次戦は3月31日の第2試合(※日本時間の4月1日AM4時)以降にコートインの予定となる錦織選手を皆で応援しましょ!
※対戦相手は「第16シード:モンフィス(フランス)」

動画やコメントもしっかりアップしたいと思います。


2016.03.27更新
錦織圭選手、シードの貫録をみせ3回戦も勝利しましたね

相手は、A・ドルゴポロフ(ウクライナ)選手
A・ドルゴポロフ(ウクライナ)
【引用元】http://news.tennis365.net/news/tour/players/details/index.html?id=men00650

世界ランキングは29位の中堅選手でこのマイアミの大会では第27シード。
東京・江東区の有明コロシアムで開催された「楽天ジャパンオープンテニス」にも出場しててプレイを見たことがありますが、動きが俊敏でスケールの大きなテニスをする印象がありました。
(そんな選手ですら、錦織選手が相手だとカンタンに負けちゃうんですね・・・やっぱスゲー)
シード同士の対戦でしたがスコアは6-2,6-2のストレート勝利で「圧倒」した感がありましたが、ディセッションの気温の高い時間帯の試合でしたので錦織選手もさすがに長いラリーになると【ヘトヘト・・】状態になってましたね。
錦織圭 マイアミオープン

それでは、3回戦のダイジェスト動画をご覧ください。
ポイントをとったにも関わらず、へばって珍しく下を向く錦織選手が印象的な動画です。

※4回戦は17シードのR・バウティスタ=アグ選手(スペイン)
相手は第9シードのツォンガ(フランス)を破っているだけに勢いのある選手ですが、第2シードのA.マレーが敗退しているだけに、このマイアミの大会は大チャンスですね!


2016.03.27更新
錦織選手が無事に2回戦(1回戦はbye)を突破しましたね!

錦織圭マイアミオープン

対戦相手はPH・エルベール(フランス)というランキング107位の選手で6-2, 7-6 (7-4)とストレートにてシード選手の貫録をみせつけた感じのする内容での勝利です。

※エルベールとは去年のIPTLでジャパンウォーリアーズという同じチームの仲良しさんでしたが、錦織選手は「一切容赦せず!」といった感じですww。
その当時、一緒にダブルスを組んだコメントにて
「(エルベールは)リターンも上手いですし、ボレーが本当に上手い。とてもリーチが長くて、少し変わったフォームで打つから、近くで見てすごく上手いなと思いました。」と語っていました。

一部動画の方にもアップしておりますが、「(ほぼ)ダブルスのスペシャリスト」といった感じの選手ですので、やはりネットプレーはホント上手かったですね。
(まぁ、それを上回る錦織選手のストローク力がスゴいんですけど・・・)

それでは動画の方をご覧ください。


※3回戦は3月28日第1試合(日本時間28日の24時)にオーダーオブプレー発表となっていました。
みんなで圭を応援しよう♪


2016.03.25更新
錦織選手がナダルに惜敗した「BNPパリバ・オープン(アメリカ)2016.03.13~03.20」の次なる戦いが既に始まろうとしていますね。

今週の錦織圭の大会は「マイアミ・オープン(Miami Open)」という先週同様に『ATPポイント1000』のグランドスラムに次いでグレードが高い大会に出場となっています。
世界ランキング1位のジョコビッチ、2位のマレーなども先週同様に出場しており、今回も錦織選手は第6シードにて2回戦からの登場となります。
(2回戦は明日の24:00頃からのスタート予定となります)
※WOWOW傘下のGAORAからの放送も決定しているので楽しみですね。

この大会では、錦織選手以外にも日本人プレーヤーが2人も予選を勝ち抜き本戦出場を決めており見事に2人とも1回戦突破!。
西岡選手に関しては2回戦も勝利しています。
テニス日本人プレーヤー 西岡良仁
▲第21シードのロペス倒し3回戦進出の西岡良仁選手▲

今後の日本が強くなっていく気配がものすごく感じられますね。
頑張れ伊藤竜馬&西岡良仁!

話が少し反れてしまいましたが、今後も錦織選手のコメントや動画をココから配信していきますのでお楽しみに!

とり急ぎ、今回はkeiのインタビュー動画をアップさせていただきました。
(英語のインタビューでのコメントですが、「先週の大会からもずっと体調が良い」と応えていますし期待しましょう)

それではご覧ください。

----スポンサードリンク----

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ