錦織圭 ATP世界ランキング更新 | 【2016年6月度】

2016.06.20日付の最新世界ランキングが更新されました。

詳細ランキングは下記よりご覧いただけます
ATPランキング1位~10位

錦織選手は先週より変わらず「6位」をキープとなります。

来週からはウインブルドンが開幕ですね!
錦織選手も先週の怪我による棄権から復帰し公開練習もしていますし、なんとか出場できそうで安心しました。

—順位変動履歴—
・ラオニッチが順位を2つあげ「7位」にランクインしました
・若手ティエムが順位を1つ下げ「8位」にダウン
・ベルディヒが順位を2つ下げ「9位」にダウン
※長年トップ10に入っていたベルディヒがいよいよピンチの状況になっています
(錦織以下の7位~10位がポイント2000後半~3000前半とひしめきあっており混沌としています。ウインブルドンの結果次第で順位は大幅に変わる可能性も・・・)




 

2016.06.13日付の最新世界ランキングが更新されました。

錦織選手は先週より変わらず「6位」をキープとなります。

他トップ10プレーヤーの順位の変動は全くありませんでした。

今週のニュースといえば、R.ナダル選手のウインブルドン欠場でしょうか・・

全仏オープンの3回戦で手首の怪我により棄権となってしまったナダルがウインブルドンを欠場することが決定されました。
(6/13現在でランキング4位のナダル欠場により、錦織選手はおそらくウインブルドンは「第5シード」での出場が濃厚となります

ただ、錦織選手もウインブルドン前哨戦のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ)は左脇腹痛により2回戦を棄権しています。
その後はぶっつけ本番で臨むウインブルドン。
調整は万全でないものの、どうしても期待しちゃいますね!

去年の悪夢(2015年のウインブルドンは2回戦を(足の怪我により)棄権)の再発とならないことだけが心配です・・・

2016.06.06日付の最新世界ランキングが更新されました。

錦織選手は先週より変わらず「6位」をキープとなります。
四大大会であるフレンチオープンが終了(~06.05日)したてということもありトップ10ランキングも多少変動しています。
・前回優勝したワウリンカがベスト4で終了したことにより4位→5位へ転落
(繰り上げで怪我が心配なナダルが5位→4位に浮上)
・ガスケが錦織を破りベスト8へ進出しましたので12位→10位とトップ10に返り咲きしました
・ランキング1位のジョコビッチは前回準優勝から今年は優勝し、ランキング2位のマレーも決勝にコマを進めましたので前回より更にポイントをアップし盤石の1位、2位となっています

※今回の一番の目玉は15位→7位に急浮上したD.ティエム選手(オーストラリア)です
D.ティエム選手(オーストラリア)
若干23歳の若手の最有望株のプレーヤーです。
錦織を始めナダルやジョコビッチも称賛しているこのティエム選手が、今回の全仏テニスでは見事ベスト4に入りました
次のウインブルドンではどこのヤマに位置付となるかも要チェックです!

----スポンサードリンク----

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ