錦織圭「2017全仏オープン(French open Tennis)」 動画・ニュース&コメントなど

錦織 全仏 コメント
~2017全仏オープンテニスを振り返った錦織圭のコメントより~2017.06.11


▼目次 (タップでジャンプします)

錦織圭 試合結果&スコア | 全仏オープン

錦織圭【French open Tennis】試合結果
Rou Res Opp Ran Sco
QF × A.マレー 1 6-2,1-6,6-7(7),1-6
4 F.ベルダスコ 37 0-6,6-4,6-4,6-0
3 チャン・ヘヨン 67 7-5,6-4,6-7(4),0-6,6-4
2 J.シャーディ 74 6-3, 6-0, 7-6 (5)
1 T.コキナキス 69 4-6, 6-1, 6-4, 6-4
>>全仏オープン全体ドローはココ<<
~【公式サイトより】





suffle Pink(管理人)
「全仏オープン」の概要です

  • グレード:グランドスラム
  • 期間:5月28日~6月11日
  • ドロー数:128
  • 開催場所:フランス(パリ)
  • 錦織シード:第8シード

【関連】
グランドスラム大会ポイント一覧




錦織圭 動画 | 全仏オープン

suffle Pink(管理人)
各試合における圭の動画を集めてみました。

QF動画 | 対A.マレー【00:01:13】

あまりにも悔しいのでkeiのポイントwonしか掲載しておりませんww

QF動画 | 対A.マレー【00:02:09】

【公式】Roland Garrosより

4回戦動画 | 対F.ベルタスコ【00:01:58】

管理人作成のダイジェスト動画です
圭のポイントばかり切り取りましたww

4回戦動画 | 対F.ベルタスコ【00:02:24】

【公式】Roland Garrosより

3回戦動画 | 対チャン・ヘヨン【00:01:16】

keiのイイトコばかり集めました!

3回戦動画 | 対チャン・ヘヨン【00:02:08】

【公式】Roland Garrosより

3回戦動画 | 対チャン・ヘヨン【00:00:19】

最後は相手のダブルフォルトという幕切れでした…

2回戦動画 | 対J.シャーディ戦【00:01:31】

1回戦動画 | 対T.コキナキス戦【00:01:25】

1回戦動画 | 対T.コキナキス戦【00:02:27】

【公式】Roland Garrosより


keiの”コメント” | 全仏オープン

suffle Pink(管理人)
keiの今大会でのコメントを本人の公式ブログ、ツイッターなどを中心にお届けします。

6月8日コメント | 準々決勝(対A.マレー戦)

4回戦とは違い序盤は好スタートをきりましたが、中盤以降はマレー粘りに屈した形となってしまった錦織選手。
悔しさをにじませた会見となりました。

  • 「試合全般に対しては、ミスが相次いだ。ダブルフォルトがあったり、勿体ないミスばかりだった」
  • 「1セット目は彼(マレー)がすごくいいわけではなかったので、作戦通りというか的確にプレー出来ていた。これ以上ないプレーの内容と、結果はついてきた」
  • 「2セット目以降から焦り出した。1番悔いが残るのは(第3セットの)タイブレーク」
  • 「落ち着いてしなければいけないことが出来なくなった。3セット目をどうにかして取っていれば、4セット目は自信を持ってプレー出来たかもしれない。今日は自分に原因があったかもしれない」

6月6日コメント | 準々決勝(対A.マレー戦)

いよいよ世紀の一戦を前にした錦織選手のコメント。
(相手ウンヌンよりはまずは自身の体力回復が重要そうです)

  • 「1番は身体を回復させたい」
  • 「元には戻りませんが、なるべくいい状態にはしておきたいです。1日あれば回復もする」
  • 「(マレーは)フリーポイントをくれない選手。自分からポイントを取りにいかないと。全てREADYにして臨みたいです」

6月5日コメント | 4回戦後(対F.ベルダスコ戦)

1stセットを見る限り「棄権するんじゃ!?…」と思いましたが、見事逆転勝利してくれました。
(解説の松岡修造さんもビックリしてましたね)

  • 「すごく嬉しい」
  • 「1番は、1ポイントずつ戦うことだけを意識した。長いラリーを避けようとしていたのが1セット目であり、焦ってミスがありました」
  • 「高いボールを使ってみたり、我慢したりして、その中で自信がつき始めた時は前に入ったり。徐々に攻略法が見えてきた」

6月5日コメント | 4回戦前(対F.ベルダスコ戦)

昨年は3回戦のフルセットで勝利した相手との再戦となりました。
(今回は勝利はもちろん”圧勝”で体力温存といきましょー)

  • 「1試合を通して集中力が100パーセントを持続出来ていないのは事実。波があるのは仕方ないので、それをなるべく減らしていかなければいけない」
  • 「パワーだけでは勝てないのがクレーコート。3年前くらいからクレーで勝ち始めて、そこからは自信を持ってプレーしています」
  • 「(ベルタスコは)強い選手を破って勝ち上がってきている。試合内容は見てないですが、クエバスにあれだけのスコアで勝っているのはビックリだった」
  • 「辛抱しながら戦わなければいけない相手。今日しっかり回復して、試合に臨みたいです」

6月4日コメント | 3回戦後(対チャン・ヘヨン戦)


2セットアップからまさかの2セットオールに持ち込まれた錦織選手。
3セットで終わらせたかったトコでの焦りからラケットをヘシ折るという珍しいシーンもありました。
2日間に渡った試合に終止符を打ったのはやはり経験の差だったように思います。
【動画】
珍しくラケットをヘシ折り怒りを露にする錦織選手

  • 「出だし(第4セット)は取られましたが、守っていても勝てない選手。崩しにかからないと崩せない選手だったので、攻撃的にプレー出来たのが勝因だったと思います」
  • 「雨が降ってくれたので、メンタル的に回復する時間があった。今日はなるべく気持ちを切り替えた」
  • 「昨日は雨が降っていなかったら100パーセント負けていたので、運を使いながら気持ちを切り替えてプレー出来た」
  • 「シンプルに(第3)セットを落としたのと、(第4セットで)2回ブレークされたので、それなりのイライラはたまってました」
  • 「大事なところでミスが多かった。1番はリターンミス。イージーミスが出てしまうところは、まだまだ。リターンが入っていれば、もうちょっとスムーズに進んだと思う」

6月2日コメント | 2回戦後(対J.シャーディ戦)


記者会見にて
1回戦の反省点を活かしストレート勝ちをおさめた錦織選手。体力温存のために3-0で勝ったという事実が大きいようですね。

  • 「3セットで終われてホッとしました」
  • 「ディフェンスが良くなった。自分のいいプレーが出てきた」
  • 「自分がちょっと打たなくなったのもありますし、セカンド(サービス)を攻められた。彼もどんどん打ってきた。タイブレークを取られてもおかしくなかった」
  • 「試合内容は良かった。最後の方は少し手こずりましたけど、いいショットも打ってました。自信は、こういう試合を続けていければ、徐々についてくると思います」

5月31日コメント | 1回戦後(対T.コキナキス戦)


逆転勝利後の記者会見にて
序盤は相手のパワーに押されながら、徐々に自分のペースに持っていく「試合術」が1回戦は光っていました☆

  • 「出だしは左右に振り回され、あまりいい状態ではなかった」
  • 「苦労はしましたけど、最後の方はやっと良くなり出した。相手のフォアも強烈だったので、それを打たせてしまったのは良くなかったです」
  • 「(体力面は)まだ1試合目なので全く問題ないですけど、手首が再発しないことを祈りつつやりたいと思います」

5月29日コメント | 1回戦前(対T.コキナキス戦)

今回初対戦となるコキナキス戦を前に全仏の記者会見で語ったコメント。
過去、全米opで1回戦敗退も経験していることもあり慎重な発言のように感じます

  • 「まだチェックをしていないので、彼のテニスに詳しいわけではない。試合をしてみないとという部分はあります。集中して、やっていきたいと思います」
  • 「初対戦ですし、わからない部分は沢山ある」

5月29日コメント | 全仏初練習

地元の人気プレーヤー、モンフィスと一緒にクレーの感触を確かめながら練習をした錦織選手。
クレーの感触を大会側より聞かれてのコメント

  • 「(今大会のクレーの感触は)他の大会と比べ感覚が違う。自分にとって過去1番やりやすいクレーではあると思う。2週間あるので、その辺りはゆっくりやっていきたいです」」

5月28日コメント | 全仏到着

大会直前にようやくフランスに到着した錦織選手。
メディアの前で一言

  • 「コンディションは問題ないです。テニスも良くなっていますし、いい形で入れたと思います」


keiの試合総評(記事News) | 全仏オープン

suffle Pink(管理人)
keiの各ラウンドを記事ニュースとしてお届けします。
【参考サイト】⇒tennis365.net

準々決勝総評 | A.マレー(イギリス)

■錦織 全仏マレーに屈する
負け

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は7日、男子シングルス準々決勝が行われ、第8シードの錦織圭は第1シードのA・マレー(英国)に6-2, 1-6, 6-7 (0-7), 1-6の逆転で敗れ、初のベスト4進出とはならなかった。
第1セット、ダブルフォルトなどミスが続いた王者マレーの隙を突いた錦織が第3ゲームで先にブレークに成功。第7ゲームで再びブレークした錦織は、ドロップショットなど多彩な攻撃を展開してポイントを先行し、このセットを先取。
続く第2セット、スマッシュのミスやダブルフォルトを犯した錦織は第4ゲームで先にブレークを許す。ベースラインの中に入って積極的に攻撃を仕掛けるも単調なミスが増え、その後もゲームを奪うことが出来ずセットカウント1-1に。
第3セット、第5ゲームで先にブレークされた錦織だったが、粘り強くポイントを重ねて第6ゲームですぐにブレークバックに成功。その後、互いに1度ずつブレークしてタイブレークに突入したがミスが先行してこのセットを落とし、セットカウント1-2と後がなくなる。
第4セットは錦織が第1ゲームで先にブレークに成功したが、マレーを崩すことが出来ずに逆転を許して敗退となった。

4回戦試合総評 | F.ベルタスコ(スペイン)

■錦織 全仏2年ぶり8強
勝ち

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は5日、男子シングルス4回戦が行われ、第8シードの錦織圭が世界ランク37位のF・ベルダスコ(スペイン)を0-6, 6-4, 6-4, 6-0の逆転で下し、2年ぶり2度目のベスト8進出を果たした。
この試合、1ゲームも奪えずに第1セットを落とした錦織は、第2セットに入ると第1ゲームでブレークに成功。続く第2ゲームではブレークバックされたが、第9ゲームで再びベルダスコのサービスゲームを破り、セットカウント1-1に追いつく。
第3セット、錦織は苦しみながらも第3ゲームで先にブレークに成功する。第6ゲームでブレークバックを許したが、直後の第7ゲームで再びベルダスコのサービスゲームを破ってこのセットを奪い、ベスト8進出に王手をかける。
第4セット、錦織が第1ゲームでまたも先にブレークに成功。徐々に本来のストロークを取り戻した錦織が、リードを守りきって接戦を制した。

3回戦試合総評 | チャン・ヘヨン(韓国)

■錦織 全仏16強へ
勝ち

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は4日、男子シングルス3回戦が行われ、第8シードの錦織圭が世界ランク67位のチャン・ヘヨン(韓国)との2日間にわたる日韓戦を7-5, 6-4, 6-7 (4-7), 0-6, 6-4のフルセットで制し、辛くも3年連続4度目のベスト16進出を果たした。
この試合は3日に行われたが、雨の悪天候により4日へ順延。前日は流れがチャンへ傾き、トレーナーに腰の辺りを診てもらうなどの悪い流れだったため、錦織にとって恵みの雨となった。
再開後、ミスが目立つ錦織は、1ゲームも奪うことが出来ず第4セットを落とす。迎えたファイナルセット、角度をつけたストロークでポイントを先行した錦織が2度のブレークに成功し、2日間におよぶ接戦を制した。

2回戦試合総評 | J.シャーディ(フランス)

■錦織 全仏3回戦へ
勝ち

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は1日、男子シングルス2回戦が行われ、第8シードの錦織圭が世界ランク74位のJ・シャーディ(フランス)を6-3, 6-0, 7-6 (7-5)のストレートで下し、3年連続4度目の3回戦進出を果たした。
この日、地元シャーディへの声援が多い中、錦織は第1ゲームでいきなりブレークを許す。続く第2ゲームではシャーディの強烈なフォアハンドを封じるためバックハンド側へボールを集めるとブレークバックに成功。さらに、その後もブレークした錦織が第1セットを先取。
第2セットは得意のストローク戦で1ゲームも与えず圧倒。第3セットは第3ゲームを終えた時点で治療を受けると直後の第4ゲームはブレークバックを許した。以降はシャーディの鋭いストロークに苦しむも、世界トップ10の力を発揮した錦織がアウェー戦を制した。

1回戦試合総評 | T.コキナキス(オーストラリア)

■錦織 全仏OP初戦突破
勝ち

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は30日、男子シングルス1回戦が行われ、第8シードの錦織圭が21歳のT・コキナキス(オーストラリア)を4-6, 6-1, 6-4, 6-4の逆転で下して3年連続6度目の初戦突破を果たし、四大大会初優勝へ向けて前進した。
この日、初対戦のコキナキス相手に錦織は第3ゲームでブレークを許し、自身は4度のブレークチャンスをいずれも活かせずに第1セットを落とす。
しかし、徐々にペースを上げてきた錦織が第2セットで2度のブレークに成功し、セットカウント1-1に。続く第3セットでは、ポイント獲得時に雄叫びをあげて自身を奮い立たせ、コキナキスのサービスゲームを2度破って2セットアップと王手をかけた。
その後、第4セットの第5ゲームでブレークに成功した錦織は、コキナキスの挽回を許さず、勝利を手にした。



錦織圭「次の試合日程・相手は?」

suffle Pink(管理人)
錦織選手の次の大会はドイツとなります。

ゲリー・ウェバー・オープン | 2017全仏オープン後

  • グレード:ATP500
  • 期間:6月19日~6月25日
  • 開催場所:ドイツ(ハレ)
  • QF対戦相手 | 2017全仏オープン

    アンディ・マレー 負け

  • 対戦相手 :A.マレー(イギリス)
  • 世界ランク:1位
  • 対戦成績 :2勝8敗
  • 4回戦対戦相手 | 2017全仏オープン

    F・ベルダスコ(スペイン) 勝ち

  • 対戦相手 :F.ベルダスコ(スペイン)
  • 世界ランク:37位
  • 対戦成績 :3勝2敗
  • 3回戦対戦相手 | 2017全仏オープン

    チャン・ヘヨン 勝ち

  • 対戦相手 :チャン・ヘヨン(韓国)
  • 世界ランク:67位
  • 対戦成績 :初対戦
  • 2回戦対戦相手 | 2017全仏オープン

    ジェレミー・シャーディ 勝ち

  • 対戦相手 :J.シャーディ(フランス)
  • 世界ランク:74位
  • 対戦成績 :5勝2負
  • 1回戦対戦相手 | 2017全仏オープン

    T・コキナキス 勝ち

  • 対戦相手 :T.コキナキス(オーストラリア)
  • 世界ランク:69位
  • 対戦成績 :初対戦


  • French open Hot! Hot!! News☆ | 全仏オープン

    suffle Pink(管理人)
    全仏オープンにおける他プレーヤーの勝ち上がりや結果など全仏オープンの最新ニュースをピックアップしてお届けします

    6月8日更新分 | 男子ベスト4出揃う

    NO2ジョコビッチ敗退!

    トップシードの内、ジョコがティエムに敗戦した以外は、順当勝ちとなりました。
    準決勝の組み合わせは以下の通りです。

    • A.マレー(1) VS S.ワウリンカ(3)
    • R.ナダル(4) VS D.ティエム(6)

    う~ん…
    ここまでくると誰が優勝するんでしょうね?…
    (ホントにわからん)

    6月6日更新分 | 男子ベスト8出揃う

    いよいよ大詰めの全仏。対戦カードも目白押し!

    いよいよベスト4への切符をかけ準々決勝が始まります。
    どの対戦カードも面白そうですね!
    (NO1~NO4の上位はさすがに強く全員順当勝ちでした)

    • A.マレー(1) VS 錦織圭(8)
    • N.ジョコ(2) VS D.ティエム(6)
    • S.ワウリンカ(3) VS M.チリッチ(7)
    • R.ナダル(4) VS P.カレノブスタ(20)

    6月2日更新分 | 3回戦の注目度No1カードも6月3日予定

    3回戦で早くもビッグ対決「デルVsマレー」

    錦織戦がある3回戦も注目ですが、同日にはA.マレーとJ.デルポトロの対戦が決定しています。
    錦織選手が勝ち進めば準々決勝で対戦する予定となるこの対戦。
    どっちが勝ってもいいので体力消耗戦をしてほしいww。

    5月31日更新分 | 錦織ブロックのシード選手が次々と敗退

    優勝の大穴候補「A.ズベレフが敗戦」

    A.ズベレフ(9シード) 敗退
    錦織選手のブロックにいるシード選手が1回戦で去ってくれましたww。

    • S.クエリー(27シード)
    • A.ズベレフ(9シード)

    いずれも錦織選手が今年に入って敗戦した選手。
    追い風が吹いてきましたね。

    5月26日更新分 | 錦織イケてるっ☆

    全仏オープンにて着用のウエアーが公開されました

    錦織選手が契約しているユニクロが全仏時に着用するウエアーを公開しました。
    フレンチ独特のレッドクレーに映える緑色…
    お初の緑もなかなかカッコいいですね。
    錦織全仏時に着用するウエアー

    ※5月30日よりユニクロのオンラインストアで販売開始となるようです。
    ・ポロシャツ3,990円(税抜)
    ・ショートパンツ2,990円(税抜)

    5月25日更新分 | 今年の賞金金額決まる

    全仏オープンは本戦出場するだけで〇〇〇円!!

    本年度の全仏オープンの賞金総額が43億円と発表されました。
    なんと本戦出場するだけで440万円!。
    サラリーマンが稼ぐ約1年分の金額となりますねww。
    一握りのプレーヤーのみが出場できる大会ですが、改めて錦織選手のスゴさを感じました。
    ちなみにラウンド毎の賞金は以下になるようです。

    • 優勝  :2,100,000ユーロ(約2億6,000万円)
    • 準優勝 :1,060,000ユーロ(約1億3,000万円)
    • ベスト4:530,000ユーロ (約6,600万円)
    • ベスト8:340,000ユーロ (約4,200万円)
    • 4回戦 :200,000ユーロ (約2,500万円)
    • 3回戦 :118,000ユーロ (約1,500万円)
    • 2回戦 :70,000ユーロ (約880万円)
    • 1回戦 :35,000ユーロ (約440万円)


    keiの放送番組・時間帯は? | 全仏オープン

    準々決勝放送スケ | A.マレー戦

    ※準々決勝の試合は6月7日予定です

    4回戦放送スケ | F.ベルダスコ戦

    ※4回戦の試合は6月5日予定です

    3回戦放送スケ | チャン・ヘヨン戦

    ※3回戦の試合再開は6月3日18時開始予定

    2回戦放送スケ | J.シャーディ戦

    ※2回戦は6月1日18時以降

    1回戦放送スケ | T.コキナキス戦

    ※1回戦は5月30日20時以降

    • wowow
    • TV東京等
    ▼公式サイトから詳細スケジュールを確認▼

    >>WOWOWオンライン<<
    スマホからも視聴可能です!


    ----スポンサードリンク----

    コメントは受け付けていません。

    このページの先頭へ