錦織圭「2017全豪オープンテニス(Australian open Tennis)」 ニュース&動画・コメントなども盛りだくさん♪

錦織圭「全豪」試合結果
Rou Res Opp Ran Sco
4 × フェデラー(スイス) 17 7-6,4-6,1-6,6-4,3-6
3 L.ラコ(スロバキア) 121 6-4, 6-4, 6-4
2 シャーディ(フランス) 72 6-3, 6-4, 6-3
1 クズネツォフ(ロシア) 48 5-7,6-1,6-4,6-7,6-2
↓ 次の四大大会は「FrenchOpen 05.22~」 ↓
******************************
錦織の四大大会を「ALL完全放送」


>>WOWOW<<

******************************
↑ BSが見れれば15分で視聴スタート! ↑

錦織を破ったフェデラーが18個目の栄冠!
<2017.01.29更新>

数々の試練を乗り越え..復活したロジャー
R.フェデラーが2017の全豪チャンピオン

昨日行われた決勝戦。

「いやぁ…感動しましたね!」

スコアもファイナルセットまでもつれるまさに大激戦。

結果はご存じの通り6-4、3-6、6-1、3-6、6-3でフェデラーが優勝し四大大会18個目のタイトルを手にしました。

タイブレークが一度もないフルセットマッチも珍しいですよね!?

お互い対照的なプレーを見せてくれるので見ててホント楽しかったです。

優勝者スピーチでフェデラーが語ったコメントは以下の通りです。

フェデラー優勝スピーチ
引用
「2人とも、この大会の決勝で対戦できるとは思っていなかった。4~5ヶ月前の怪我からは想像できない状況だった。」

「テニスは過酷なスポーツで引き分けがない。もし、引き分けがあるなら”あなた”(ナダル)と優勝を分かちあっても良いと感じられる試合でした。」

お互いにリスペクト(尊敬)している関係だからこそ出たこの『名言』にホント感動しました…



これで気になる世界ランキングはというと

「フェデラーは第10位」
「ナダルは第6位」

へ上昇します。

(※錦織選手の直下がナダルという位置になります)

A.マレーとN.ジョコビッチの独走から

錦織やラオニッチが上を目指すなか

フェデラーやナダル、ワウリンカのベテランが

入り混じった感のある2017年の男子テニス界。

今後も目が離せませんね。

ロジャー…

本当におめでとう

ナダル…

感動をありがとう!

ではまたお会いしましょう…

See you♪~





男子決勝はファン待望の黄金カードへ…
<2017.01.28更新>

このドリームマッチは実に6年ぶり!
2017オーストラリアンオープン決勝はこの二人

信じられない決勝が実現しました!

ロジャーとラファが四大大会では2011年の全仏以来

実に6年ぶりの決勝を戦うなんて…

全世界のテニスファンが待ち望んだ最高の組み合わせになったのではないでしょうか?

お互いに準決勝はフルセットの大激戦でした。

フェデラーは同国のワウリンカとの対戦。

第1、2とセットを連取したフェデラーでしたが、第3、4はワウリンカが巻き返す。

最終セットでは錦織戦でも見せた「サーブとフォアのキレ」を取り戻し勝利!


一方のナダルは、ディミトロフと対戦。

ディミトロフは第15シードとナダルの第9シードに比べると格下

「ナダル楽勝か?」

と思いきや、今大会のディミトロフは本当に強い!

前哨戦では錦織を破って優勝し、その勢いのままオーストラリアンオープンは準決勝進出。

「こんな選手がランキングがトップ10以下のハズがありえない!」

ってくらい質の高いプレーを見せてくれました。

(※大会後のランキングではトップ10入り間違いありません)

この試合のWOWOW解説者である村上さんも

「こんな試合を解説させていただいたことが出来て本当に幸せ。ディミトロフも今後四大大会で上位に来る選手になった」

と太鼓判を押していました。

その選手をフェデラー同様にファイナルセットで退けたナダル…

「フィジカルが強く、全盛期だったナダルを彷彿とさせてくれました」


さぁ、いよいよ2017オーストラリアンオープンの決勝が明日29日となりました。

今後、おそらく見ることのできない?二人の四大大会決勝戦。

フェデラーとナダルどちらが優勝トロフィーを掲げることができるのでしょうか…

ホント、本当に楽しみです。

※ps:過去、かつてのライバル対決が沢山ありましたよね…

エドバーグvsベッカー

サンプラスvsアガシ

現在はジョコvsマレーですかね…

でも一番見てて興奮以上に感動したのは、

「フェデラーvsナダル」でした。

30歳を超えた歴史に残るベテラン二人の決勝…

やばい…

泣きそうになってきた…


男子シングルスいよいよが大詰め!
<2017.01.25更新>

いよいよベスト4が決定します

錦織選手がいない全豪が非常に寂しいのですが、
今週末の決勝に向かいいよいよ終盤戦に突入しています。

ここで、ベスト4の顔ぶれと私の予想で(勝手にww)優勝者を予想してみたいと思います。

■ ロジャー・フェデラー(Roger Federer)
ロジャー.フェデラー
優勝可能性★4.0
錦織選手と大激戦を制した、テニス界のレジェンド「フェデラー」。
グランドスラムタイトル18にあと一歩まできています。
ジョコ、マレー不在につき一番優勝に近いのはこの人ではないでしょうか?

■ラファエル・ナダル(Rafael Nadal)
ラファエル・ナダル~圭への称賛~
優勝可能性★3.0
久しぶりにベスト8以上まで進出したナダル。
体調も良いみたいですし、ひょっとすると来るかもしれません。
フェデラーとナダルの数々の名試合をもう一度見せてほしい!

■スタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka)
スタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka)  こめかみ
優勝可能性★3.5
ベスト4の中で一番シードが高いワウリンカ。
過去、全豪のタイトルを獲っているだけに今回も可能性あり。
準決勝のフェデラー戦が最大のヤマ場になるでしょう。

■グリゴール・ディミトロフ(Grigor Dimitrov)
グリゴール・ディミトロフ(Grigor Dimitrov)
優勝可能性★2.5
2014年以来のベスト4に入った別名「ベビーフェデラー」。
前哨戦で錦織を破って優勝した勢いままにここまで来ました!
あのシャラポアの元彼氏って知ってました?

ここまで来れば「誰が優勝してもありあり」の展開です。

マレーとジョコがいない決勝も珍しすぎて、
ある意味「斬新ですね」。

希望としてはフェデラーとナダルの決勝が一番盛り上がりそうですが…

試合が早くも楽しみになってきました。

それでは、また


錦織選手4回戦「惜敗しました..」
<2017.01.22更新>

思わず口にした「勿体ない…」
錦織の全豪が終わる

え~…

私のショックから一夜明け

ブログを立ち上げております。

「残念でしたね(涙」

あの元王者フェデラーに対し7-6 (7-4), 4-6, 1-6, 6-4, 3-6のフルセットの大激闘。

第1セットは5-1とリードしながらタイブレークまでもつれたものの錦織が先取。

第2、3セットはフォアハンドとサーブがほぼ完璧なフェデラーが連取。

後がなくなった第4セットはややフォアのミスとフットワークが落ちたフェデラーの隙に錦織が取り返す。

むかえたファイナルセットは、先にブレークをしたフェデラーがサーブの威力を活かしなんとか逃げ切った。

そんな感じでした。

そうなんです!

良いも悪いも「フェデラー次第」だった感じがします。



錦織選手得意のストローク戦に持ち込む前にフェデラーが強打やサーブで

「うまくかわした」

グランドスラムを17個も取った経験値の差がでたんでしょうか…

でも、着実にフェデラーとの差はこれで無くなった感があります。

次は錦織選手が勝つでしょう!

(とういか、あんな調子の良いフェデラーは最近なかったんですけどねぇ…)



試合を終えた記者会見でも

第一声が「勿体ない…」でした。

この試合の数時間前

勝った方が準々決勝で対戦予想だった第1シードのA.マレーが負ける大波乱。

すでに2回戦で第2シードのN.ジョコビッチも敗退している。

勝った方が、ほぼ決勝進出はおろか

見えてくる「優勝」の二文字…

錦織選手も今回は意識したのでしょうね。

次に期待しましょう。

今年は始まったばかりです。

最後に錦織選手の記者会見でのコメントです。

「今日はサーブの入りがそこまで良くなかったり、ファーストサーブをもっと入れていれば、展開が変ったかもしれない。特に後半はセカンド(サービス)を攻められてしまったり、サービスゲームはいつもより悪かったかもしれない。ちょっとの差」

ps:優勝はフェデラーかラオニッチか?ワウリンカもありうる?


錦織選手3回戦「勝利しました!」
<2017.01.20更新>

いよいよ世紀の対戦へ…
錦織圭が4回戦進出

錦織選手が圧巻の勝利でしたね。

予選から勝ち上がったL・ラコ(スロバキア)選手に6-4.6-4.6-4のストレート勝ちでした。

ランキングこそ121位と低い相手でしたが、1回戦でシード選手を倒した勢いのある選手。

あの大本命であるジョコビッチが2回戦で敗退するなど、決して侮れない四大大会。

錦織選手は勝ち切ってくれました。

試合数を重ねるごとに尻上がりに調子を上げてきた今回は、

「バックのダン・ザ・ライン」と「サーブ」が冴えていました。

錦織選手自身も

「サービスゲームが良かったのでリターンに集中できた」

と試合後コメントを残しています。



これで次戦はいよいよ「フェデラー」との対戦ですね!
R・フェデラー名言

4回戦の中ではおそらく一番の注目カードの対戦となります。

センターコートが準備されるのは間違いないでしょう。

フェデラーは3回戦で世界ランク10位のベルディヒにストレート勝ちし絶好調な状態ですが、

圭が勝つポイントとしては

・長期戦へ持ち込む
・3回戦で魅せた「バックのダン・ザ・ライン」の質

この2点が勝敗を分けると勝手に思っています。

フェデラーは錦織戦に対して

「keiのことは本当に好きで試合を本当に楽しみにしている」

とコメント。

一方、錦織選手はフェデラー戦に向け

「早いうちに強い選手と当たった方が闘いやすい」

と完全に勝ちにきているコメントを残しています。

完全に優勝を狙っている発言ですよね!?

第2シードの天敵・ジョコビッチは敗退。

第1シードのマレーは比較的組み易し。

このフェデラー戦に勝てば、いよいよ現実化してくる

「優勝」の2文字。

テニスファンが待ち望んだ世紀の一戦は1月22日に行われる予定です。


錦織選手2回戦「勝利しました!」
<2017.01.18更新>

2回戦は安心して見ることができましたww
錦織圭全豪3回戦へ

錦織選手!

やりましたね(勝利!)

本日も真夏のオーストラリア。

デイセッション第1試合での登場でした。

(私の予想通り)1回戦とは違いスコア(6-3, 6-4, 6-3)からも見てもわかるように

「(ほぼ)楽勝でした」

1回戦と比べるとランキングが低い選手だったことと、

錦織選手が相手選手との相性(というか組み易さ?)もあり安心してWOWOWを観ることができました。

ハラハラも良いけどやっぱ安心して試合を観る方が楽しいですよね?!

本人の第一声は

「(初戦に比べると)はるかに良かったです」

と言っており、続けて以下の通りの試合の心境をコメントしていました。

引用
「ブレークされると焦りはありますけど、チャンスがくるのは想像していた。(シャーディは)ミスも多いので、リターン出来ればブレーク出来ると信じていた」



さぁ、いよいよ次戦3回戦は更にランキングの低い121位の予選上がりの選手との対戦です。

更にプレーの質を上げて勝利するのは間違いないと思います。

次も期待してWOWOWを観ようかな…

※暑いデイセッションの試合を3回戦は外して欲しいですよね

おそらく4回戦で対戦するフェデラー戦に向けて体力を温存してほしい…

そう願う管理人でした。

それではまた


錦織選手1回戦「勝利しました!」
<2017.01.16更新>

「薄氷の勝利」だろうが勝ちは勝ち!
2017オーストラリアン・オープン 錦織圭

いよいよ開幕しました。

全豪オープンテニス
(Australian Open Tennis)

大会初日にハイセンス・アリーナ(いわゆる準センターコート)の第1試合に登場した錦織選手。

ご存じの方も多いと思いますが…

「勝ちました!」

相手は通算成績では2勝1敗と勝ち越している

A.クズネツォフ(ロシア)
アンドレイ・クズネツォフ

だったのですが、前回のスレにお伝えしたように

「勝ち越してるとはいえ嫌な感じがする相手」

に予想が当たりフルセットまでもつれる大接戦となりました。

スコアは5-7, 6-1, 6-4, 6-7 (6-8), 6-2。

でも最後はさすが錦織選手。

自力の差を見せつけての勝利でした。

試合後の会見・コメントでは

「今日は余裕がなかったです」

から始まり

引用
「(クズネツォフに)合わせすぎてしまったり、攻められる場面が非常に多かった。最後に自分が攻撃的に攻めれるようになった。彼(クズネツォフ)の球質には苦労しました。メンタル的に攻めれていなかった」

と苦戦していた心中を明らかにしていました。

締めくくりに「勝つのが1番。1試合目を長い試合で勝てたので、自信になってくれると思います」

と次戦の2回戦に向け締めくくった錦織選手。

次は世界ランク72位のJ・シャーディ(フランス)との対戦です。

対戦成績は錦織選手が4勝2敗とリードしています。

おそらく次はスムーズに勝てる感じがします。
(勝手な予測ですが…)

次回も応援しよぉっと!


錦織選手のドローが決まりました!
<2017.01.13更新>

錦織のヤマにフェデラーが入っていました(;Д;)
R・フェデラー名言

第5シードで登場予定となる錦織選手の「全豪オープンテニス」。

予選勝ち上がりの選手を除き、大方のドローが決定しました。

錦織選手の1回戦の相手はA.クズネツォフというランキング48位の選手。

テクニックもパワーもある1回戦としてはイヤなドローとなりました。

ただ、去年の四大大会で2回も対戦しており

いずれも錦織選手が勝利しているのが安心できる要素ですかね…

順当に勝ち上がると、4回戦でな・なんと

あの「フェデラー」と対戦する可能性が非常に大きくなってきます。

昨年のウィンブルドンの決勝で敗戦以降、膝の怪我を理由に試合に出場していないため

ランキングも落ちてしまい、今年は「第17シード」からの登場となったため、

このような事態となってしまいました。

(ちなみに去年のフェデラーはこの全豪はベスト4)



そしてこの4回戦に勝つと準々決勝は…

第1シードのA.マレーとの対戦が決定しました。

この錦織いるブロックがいわゆる

「死のドロー」と今回は呼ばれてるらしいです。

しかし、観客やメディアはこのヤマが一番の盛り上りを見せるのは必須!

センターコートで戦う錦織選手を沢山見れるのはうれしい限りです。

強敵だろうが何だろうが優勝するためには

「勝たなくてはいけない」試合ばかり。

負けは許されません。

バッサりと敵をなぎ倒して勝ち進む錦織選手の勇姿に期待しましょう。

それでは…
bye


男子シード選手が決定しました!
<2017.01.12更新>

昨年覇者のジョコは第2シードで連覇を狙います
※画像はATPツアーファイナルのもの
ノバク・ジョコビッチ ATPツアーファイナル

開幕まであと4日と迫った

「オーストラリアン・オープン(Australian Open Tennis)」

現在は本戦入りを目指したプレーヤーが予選を戦っている最中です。

日本人プレーヤーでは今日現在で添田選手を始め守屋選手、伊藤選手、ダニエル選手、杉田選手、内山選手と大勢の選手が予選1回戦を突破しています。

本戦入には3回勝たなくてはいけないのであと2勝が必要ですが、この中から一人でも多くの選手が本戦で戦う勇姿を観たいですね。

さて、今回は錦織選手をはじめとしたトップ選手たちのシード順位が決定しましたので、お知らせします。

気になる圭選手は「第5シード」に決まりました。

シード順としてはランキング通りの順位となりましたね。

欲を言えば、第4シードに入って準決勝以上でランキングが格上の選手と対戦したかったのですが仕方がありません。

準々決勝で勝利し「自身初の全豪ベスト4」進出を観るのも悪くありません♪

自身の体調を整えてWOWOW観戦に備えたいと思いますww。

2017全豪オープントップシード選手一覧
第1シード:A・マレー
アンディ・マレー
第2シード:N・ジョコビッチ
N・ジョコビッチ
第3シード:M・ラオニッチ(カナダ)
ミロシュ・ラオニチ
第4シード:S・ワウリンカ(スイス)
スタン・ワウリンカ
第5シード:錦織圭
デビスカップ 錦織圭
第6シード:G・モンフィス(フランス)
ガエル・モンフィス(Gael Monfils)
第7シード:M・チリッチ(クロアチア)
マリン・チリッチ
第8シード:D・ティエム(オーストリア)
D.ティエム選手(オーストラリア)
第9シード:R・ナダル(スペイン)
ラファエル・ナダル~圭への称賛~
第10シード:T・ベルディヒ(チェコ共和国)
トマス・ベルディヒ(Tomas Berdych)
※第17シード:R・フェデラー(スイス)
ロジャー.フェデラー


トップ選手が続々と会場入りしています!
<2017.01.10更新>

現地全豪opの会場で貴重な2ショット
錦織&ナダルの2ショット

今月16日(※日本時間)より開幕

「全豪オープン」

に向け錦織選手をはじめトップシードの選手たちも続々とオーストラリアの現地へ会場入りしています。

あいにく先日のブリスベン国際大会では、ディミトロフに惜敗し準優勝となったものの、

滑り出しとしては順調なスタートを切ったのではないでしょうか?

気になるのが、そのブリスベンでの決勝でファイナルセットに入ってすぐに

トレーナーを呼び出し治療を受けていた錦織選手。

『去年のウィンブルドンの再来か?!』

とヒヤヒヤしていた人もいたと思います。

(ちなみに去年のウィンブルドンは怪我の影響で途中棄権しました…)

本人のコメントでは

「何日か休んでリハビリをすれば大丈夫だと思うので、この全豪へ向けてしっかり準備して頑張りたいと思います」

と語っていましたのでホッと一安心。

この全豪では過去3度、錦織選手はベスト8へ進出しています。

「今年はベスト4」

いや「それ以上」を期待していいかもしれませんよ!

今から、楽しみですね。

※上記、画像は現地会場でウォンバットと触れ合いながらナダルとの2ショットを魅せてくれました

ファンサービスやメディア対応などオフコートでもトップ選手となると大変そうですね。

それではまた


錦織選手が前哨戦のブリスベンで優勝に王手!
<2017.01.07更新>

今年1発目の大会で優勝成るか?!
錦織 ブリスベン

テニス四大大会の一つ

「オーストラリアン・オープン」

の開幕がいよいよ今月の16日ということで

トップ選手を始め、各選手ともに調整中の現在。

錦織選手は同オーストラリアで開催されている

「ブリスベン国際大会」に出場しています。

※動画は大会序盤での錦織選手にとっては貴重なダブルスの試合のダイジェスト版です

若手のトップ10ランカーのティエムと組んだダブルスで、1回戦で第2シードを撃破した動画です

ATP250とグレード的にはそれほど大きくはない大会ですが、

シングルスでは錦織選手よりも上位のランカー2人(ラオニッチとワウリンカ)も出場しており盛り上がりを見せているようです。

そのブリスベン大会でいよいよ錦織選手が決勝に進出しました。

昨日(1/7)、世界ランク4位のワウリンカと対戦し

7-6 (7-3), 6-3のストレート勝ち!

決勝にコマを進めました。

決勝の相手は、過去3連勝中のG・ディミトロフ(ブルガリア)

優勝して最高の状態でオーストラリアン・オープンを迎えてほしいですね。


錦織に続け!本戦ストレートインの日本人選手たち
<2017.01.05更新>

西岡選手が最近「いいね!」
西岡良仁 australianopen

錦織選手のトップシードをはじめとした日本人プレーヤーたち。

全豪オープンの「本戦ストレートイン選手」が例年以上に多いですね。

男子2人、女子5名の計7名が本戦より出場です。

その中でも注目が「西岡良仁」選手。

ランキングは100位ちょうどで予選or本戦ギリギリのところで本戦に滑り込むことができました。

年明け早々には、錦織選手も出場しているブリスベン大会(オーストラリア)にて予選を勝ち抜き見事本戦入り!と波に乗っています。

この西岡選手、身長は170㎝と非常に小柄なんですがフットワークも良いですし「何か応援したくなる選手」なんです。

錦織のコーチであるマイケル・チャンを彷彿される感じがあるからなんでしょうか?

いずれにせよ四大大会での「3回戦進出」を目指してまずは初戦を突破してほしいですね!

※以下、日本人選手の詳細です
引用

■錦織圭
・7年連続8度目の出場
・2012、2015、2016年にベスト8進出

■西岡良仁
・2016年に初の本戦ストレートイン

■土居美咲
・2年連続4度目の出場
・2013年に2回戦進出

■大坂なおみ
・2年連続出場
・2015年に予選を突破し、3回戦進出

■奈良くるみ
・4年連続出場
・2014年に3回戦進出

■日比野菜緒
・2年連続出場
・2015年に初の本戦ストレートイン

■尾崎里紗
・初の本戦ストレートイン

年明けから早速テニス三昧♪
ホント幸せww


来年の全豪OPの賞金金額が凄すぎる!
<2016.12.29更新>

昨年優勝のジョコが今年も最有力候補?
2016全豪オープン優勝のジョコビッチ

年明け早々に開催のテニスの四大大会の1発目。
「全豪オープン(Australian Open Tennis)」
がいよいよ16日より始まりますね!

表記の通り、なんと賞金総額がまた上がったみたいですよ!

金額が5,000万ドル(昨年の14%増)
日本円にして約42億6,500万円

改めてプロって凄い世界なんですね…

それだけテニスは過酷なスポーツですけどね。

注目されるのは優勝者の金額ですが、

優勝者で370万ドル(約3億1,500万円)
準優勝者で185万ドル(約1億5,700万円)
ベスト4で82万ドル(約6,900万円)

だそうです。

(ちなみに錦織選手の2016年の賞金総額は4億を突破しています)


ただ、主催者側の意図としては
引用
「大会の早期敗退者や予選敗者の賞金の増額が大切だと思っている。トップ100にいる選手のみならず、ツアーにいる全ての選手の生活を改善出来る方法を常に考えている。それには、大会に出場する時の出費を出来る限り減らすことに加えて、賞金の増額が含まれている」

と選手の生活面を気遣う意味での増額みたいですね。

トップ100位の選手でたしか年収が約1000万円くらいの世界だったと思います。

トップ選手たちに目が行きがちですが、こういう底辺の底上げも考えているのが「やさしい」ですね。

本戦に出場すれば420万円なんですね。

これはこれで凄いなぁー…

■参考■2017全豪OPの賞金獲得金額一覧
【本戦】
優勝:3,700,000ドル/約3億1,500万円
準優勝:1,850,000ドル/約1億5,700万円
ベスト4:820,000ドル/約6,900万円
ベスト8:410,000ドル/約3,500万円
4回戦:220,000ドル/約1,800万円
3回戦:130,000ドル/約1,100万円
2回戦:80,000ドル/約680万円
1回戦:50,000ドル/約420万円
【予選】
3回戦:25,000ドル/約210万円
2回戦:12,500ドル/約100万円
1回戦:6,250ドル/約53万円


錦織圭の全豪ウエアーは「赤」!
<2016.12.23更新>

年明け1発目のグランドスラムは情熱の「赤」
錦織圭 赤ウエアー

錦織圭選手が年明けのオーストラリアン・オープンで着用するウエアーが決まったようですよ。
カラーは「情熱の赤」ということでホント真紅のウエアーとなりました。

昨年のオリンピックやデビスカップなどでも日本代表を象徴する赤のウエアーを着用していましたね。
どうやらそれに近い感じのウエアーとなりますが、今を輝く人は何を着ても似合うんでしょうねー。

本人のコメントでは

ポロシャツに用いられている力強く明るい赤が、とても気に入りました。新年最初の大舞台を赤いウエアで情熱的に戦うことで、一年を勢い良くスタートできそうです

引用
『今回のウエアを着てみてまず感じたのは、着心地が確かに軽くなっているということです。肌触りが良い素材が用いられているうえに、着ていて違和感がなく、とても気持ちがいいです。テニスだけではなく、普段着で愛用することができるシンプルなデザインに仕上がったのも、お気に入りのポイントです。』

とのこと。

このウエアーは早々にユニクロの一部店舗およびオンラインストアで発売するらしいです。
コンセプトは「新技術の採用で軽量化を実現、通気性や快適性も向上!」
錦織 全豪ウエアー

勝ち進めば進むほど、この赤いウエアーを着るウイークエンドプレーヤーが増えるのでしょうか?
(俺みたいなオッサンは少し恥ずかしい…)




----スポンサードリンク----

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ