錦織圭「マイアミ・オープン(Miami Open)」 動画・ニュース&コメントなど【2018.3月21日~4月1日】

suffle Pink(管理人)
錦織選手のマイアミは残念ながら3回戦にて終了となりました。
次に期待ですね!

錦織圭 試合結果&スコア | Miami Open

【速報】錦織圭「Miami Open」試合結果
Rou Res Opp Ran Sco
3 × J・M・デル=ポトロ 6 2-6,2-6
2 J.ミルマン 96 7-6(4),4-6,6-3
1 bye *** ***

マイアミ・オープン ロゴイメージ大会概要 | マイアミ・オープン

—-スポンサードリンク—-


錦織圭3回戦まとめ★ | 動画・コメント・総評など

suffle Pink(管理人)
マイアミ・オープン3回戦(対J・M・デル=ポトロ戦)のハイライトです

3回戦試合総評 | 【引用】tennis365.net

■錦織 完敗も随所に好プレー
J=M.デルポトロ 負け

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は25日、シングルス3回戦が行われ、第26シードの錦織圭は第5シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)に2-6, 2-6のストレートで敗れ、7年連続のベスト16進出とはならなかった。
初戦となる2回戦でJ・ミルマン(オーストラリア)を2時間51分の激闘の末に振り切り、「ATPマスターズ1000」で約10カ月ぶりに白星をあげた錦織。
この日は世界トップのフォアハンドを持つデル=ポトロの強打を封じようとバックハンド側へボールを集め、第1セットの第2ゲームでブレークチャンスを握った。しかし、198センチの長身から繰り出すデル=ポトロの強烈なサービスに対応できず、ブレークにつなげることはできなかった。
錦織は第5ゲームでブレークを許すと流れがデル=ポトロに傾く中、第7ゲームでは背面ショットを披露して会場から拍手が沸き起こった。
第2セットは第1ゲームでブレークされたが、その後もポイントを獲得するとガッツポーズをつくり自身を鼓舞、さらにノータッチのドロップショットを決めて観客を魅了した。その反面、フォアハンドのミスなどが続くと悔しがる表情を見せた。
第7ゲームではマッチポイントをしのぐ粘りを見せたが、最後はリターンをネットにかけ、元世界ランク4位同士の8度目の対決に終止符が打たれた。試合時間は1時間12分だった。

3回戦マイアミ動画 | 対J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)

suffle Pink(管理人)
大会序盤での錦織戦の動画収集に苦戦(涙)

YouTube動画 | 【Tennis TV】04:54

YouTube動画 | 【Tennis TV】02:00

3回戦コメント | ~Kei Nishikori~

suffle Pink(管理人)
keiの今大会でのコメントを公式ブログツイッター公式アプリなどからピックアップしてお届けします
kei
※準備中※
kei
※準備中※
wowowと一緒に錦織圭を応援しよう!!
┏[ T V ]・[ P C ]・[Android]・[i-phone]┓

┗  WOWOWオンライン
ATPワールドツアーがスマホで視聴可!

錦織圭2回戦まとめ☆ | 動画・コメント・総評など

suffle Pink(管理人)
マイアミ・オープン2回戦(対J.ミルマン戦)のハイライトです

2回戦試合総評 | 【引用】tennis365.net

■錦織 マスターズ10カ月ぶり白星
ジョン・ミルマン 勝ち

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は23日、シングルス2回戦が行われ、第26シードの錦織圭が世界ランク96位のJ・ミルマン(オーストラリア)を7-6 (7-4), 4-6, 6-3のフルセットで破り、7年連続の3回戦進出を果たした。四大大会に次ぐグレードの「ATPマスターズ1000」では、約10カ月ぶりに白星を飾った。
この日、錦織はミルマンの強打に対応できず、ゲームカウント2-5とリードを許す。その後はセットポイントを握られるもピンチをしのぎ、タイブレークの末に第1セットを先取。
第2セットは2度のブレークを許して落としたが、ファイナルセットに入ると再び息を吹き返した錦織がフォアハンドのウィナーを決めて第6ゲームでブレークに成功。その後もリードを守り、3時間近くの激闘を制した。

2回戦マイアミ動画 | 対J.ミルマン(オーストラリア)

suffle Pink(管理人)
2回戦のハイライト動画を中心にYouTubeやツイッター動画などを中心に集めてみました

YouTube動画 | 【gamesbojdor HD】14:57

2回戦コメント | ~Kei Nishikori~

suffle Pink(管理人)
keiの今大会でのコメントを公式ブログツイッター公式アプリなどからピックアップしてお届けします
kei
最初の試合に勝ててうれしい。簡単な試合ではなかった。彼(ミルマン)は出だしからいいプレーをしたから、難しい試合だった。それでも勝てて良かった。この2週間は、あまり試合をしていなかった。1週間半ほどベッドの中だった。試合に慣れていかなければいけないし、ポイント練習もしなければいけない。それでも、今日はいいプレーもあった。
kei
体調はいい。3時間も戦ったこと、その中で集中もできたこの試合は自信にもつながるし、次の試合ではもっと良くなることを願っている。この大会でプレーするのは大好きだし、いい思い出もたくさんある。家も近いから地元でプレーしている気分



マイアミ・オープン(Miami Open)のテレビ放送・動画配信先は?

suffle Pink(管理人)
マイアミ・オープンはテレビでもPCでもスマホでもお好きなデバイスでご覧いただけます

テレビ放送イメージ「テレビ」にて放送分

スマホ配信イメージ「ストリーミング動画」にて配信分

↓ 「2ヶ月ならたったの2,484円」 ↓

TV.スマホ.タブレット端末から視聴OK
>>WOWOWオンライン<<
BSが見れれば15分で視聴可能!



マイアミ・オープン 『Hot! Hot!! News☆』

suffle Pink(管理人)
Miami Openにおける他プレーヤーの勝ち上がりや結果など今大会の気になるニュースをピックアップしてお届けします
ジョコビッチ、マイアミ大会も初戦敗退【2018.03.24】

先週のBNPパリバ・オープンに続き今回のマイアミでも緒戦となる2回戦で敗退となったジョコビッチ。
このままランキングは落ちていくのか?
それともいつかは復活するのか?
今後の試合が5月の全仏に向けて早くも正念場を迎えたような気がしてきました


大阪なおみ選手があのウィリアム妹に圧巻の勝利【2018.03.22】

男子の試合もさることながら女子のMiami Openで日本人プレーヤーが見事な勝利を届けてくれましたね。
大阪なおみ選手があのS.ウィリアムにストレート勝ち!
日本人初のグランドスラマーが今年中に誕生するかもしれませんよ!?



錦織圭『次の大会はいつ?・どこで?』 | バルセロナ大会ロゴ Barcelona Open

suffle Pink(管理人)
今後は四大大会である全仏オープンに向けてハード⇒クレーコートの試合が続きます
バルセロナ大会ロゴ

  • 大会名:バルセロナ・オープン(Barcelona Open)
  • 大会グレード:ATP500
  • 開催期間:04.23~04.29
  • 大会ドロー数:48
  • 開催場所:スペイン(バルセロナ)
  • コートサーフェイス:クレー
  • 錦織選手のシード順:未定
  • 錦織選手、昨年の結果:棄権



最後に | 管理人の独りごちょ…

suffle Pink(管理人)
管理人である私が勝手に今大会のアツい思いを勝手に書かせていただきました。
(ノークレームでお願いしますww)

今年2018年のマイアミ・オープンが終了しましたね。
優勝したのはR.フェデラーでもM.チリッチでもなく「意外中の意外!!」のジョン・イズナー(32歳アメリカ:17位)。
ほぼノーマークのイズナーでしたが、勢いに乗っているデルポトロ(6位)やズベレフ(5位)を破っての勝利は今後のトップ10以内に入れる選手として注目されるかもしれません。

今回、世界ランキングを落とし第26シードで登場した我らが錦織圭選手ですが、3回戦でトップ10選手であるデルポトロと対戦する不運なドローとなり残念ながら2-6,2-6のスコアで完敗しました。
ただ2回戦勝利のコメントにて「直近の2週間のうち1週間は(風邪による体調不良により)ベッドの中だった」という言葉や「3時間の試合を戦えたことは自信になる」といった言葉から察するに「本調子に戻るまでにはまだかなりの時間がかかりそうだなぁ…」というのが本音です。
まっ、去年8月の怪我の影響で今年1月開催の全豪オープンすら欠場し、2月に入りかける直前でようやくチャレンジャー大会から出場したことを考えると「悪くない」のかも知れませんが本調子に戻るにはあと3ヶ月~5ヶ月ほどは掛かるのではないでしょうか?(全米オープンぐらいに標準を合わせる感じ?! ←勝手な推測)
ランキングも直近の4月2日付では39位へ後退し、アジアのトップは錦織選手ではなく今、売りのチョン・ヒョン(韓国:19位)に3月より座を奪われています。

しかし、世界のトップのさらにトップのレベルを知っている錦織選手。
来年のこのマイアミではきっと完全復活した姿でプレーしていることを見せてくれることでしょう(ゼッタイに!!)。




そういえば、ほんの1年前まではまだ盤石だったBIG4時代から徐々に変化が起き今年中には【大きな変化】が起きていそうな感じがしませんか?
フェデラーはこのマイアミ・オープンは早期敗退し、以降のクレーコートシーズンは全仏を含んでスキップする予定。
ナダルはランキング1位なものの膝の怪我でベストな状態ではないままおそらく全仏を戦うのでしょう。
他、ジョコビッチ(肘)、マレー(臀部:でんぶ)、ワウリンカ(膝)の過去1~2年前にはグランドスラムを独占していた選手たちが次々と怪我の影響でランキングが30~50位と降下し続けてきており暗雲が漂っています。

ズベレフやチョン・ヒョン、チョリッチなどの「新世代の到来か?」

ジョコ、マレー、ワウリンカなどの「ベテランがカムバックするか?」

いやぁ…本当に楽しみな1年になりそうですね。




Ps:wowowオンデマンドで今年からATPワールドツアーがライブ配信されているのですが、実際どのくらいの方がご覧になられたのでしょうか?
「無料配信」なので飛びついた人は多いのか・少ないのか?
これも錦織戦の結果次第といったところなのでしょうか?
(ちなみに私はまだ見ていません…次戦となるモンテカルロかバルセロナの大会から見ようと思っています^ ^)




最後までご覧いただきありがとうございます。

----スポンサードリンク----

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ