錦織圭「マイアミ・オープン(Miami Open)」 動画・ニュース&コメントなど♪

錦織圭【試合結果】&【動画】| Miami Open

錦織圭【Miami Open】試合結果
Rou Res Opp Ran Sco
QF F.フォニュイーニ 40 4-6,2-6
4 F.デルボニス 57 6-3,4-6,6-3
3 F.ベルタスコ 30 7-6,6-7,6-1
2 K.アンダーソン 74 6-4,6-3
1 Bye ※不戦勝




マイアミ・オープン(Miami Open)の優勝者はR.フェデラー!(スイス)
2017.04.02更新

▼ 今季に入って驚異の19勝1負 ▼
フェデラーV ナダルに快勝
画像提供: ゲッティ イメージズ
参照元:http://news.tennis365.net/news/today/201704/113922.html


2017年マイアミ・オープン(Miami Open)が終了しました。

今年の決勝はR.フェデラー(スイス)とR.ナダル(スペイン)という全豪オープンの再戦となりましたが、

再びフェデラーが勝利し優勝しました。
(スコア6-3、6-4)

■フェデラーV ナダルに快勝

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は2日、シングルス決勝が行われ、第4シードのR・フェデラー(スイス)が第5シードのR・ナダル(スペイン)を6-3, 6-4のストレートで下し、11年ぶり3度目の優勝を飾った。
37度目のライバル対決となったこの試合の第1セット、序盤からミスが目立ったフェデラーは、第1ゲームでいきなりブレークのピンチを迎えるもこれを死守。その後、両者サービスキープが続く展開になったが、フェデラーが得意のフォアハンドウィナーを決めるなどで第8ゲームでブレークに成功し、続く第9ゲームで危なげなくサービスキープしてこのセットを先取。
続く第2セット、勢いに乗るフェデラーが優位に試合を展開。ネットプレーなど積極的に攻め続けて第9ゲームでナダルのサービスを破り、1時間34分で勝利を手にした。
フェデラーは、今回の対戦でナダルとの対戦成績を14勝23敗とした。
今大会、フェデラーは1セットも落とすことなくベスト8に進出。準々決勝ではT・ベルディヒ(チェコ共和国)に2本のマッチポイントを握られる崖っぷちに立たされるもフルセットで勝利し、N・キリオス(オーストラリア)との準決勝では、すべてのセットでタイブレークにもつれる死闘を制して決勝まで駒を進めていた。
今回で全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、BNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)に続き今季3度目のタイトル獲得となった。
一方、敗れたナダルは今回が5度目のマイアミ・オープン決勝だったが、初優勝を飾ることは出来なかった。


今年に入ってのフェデラーは20試合を戦い19勝1負。
(勝率95%)

全豪・BNP・今大会のマイアミと計3大会の優勝となりました。

ランキングも錦織選手を抜き4位にランクイン!

【関連】
錦織・トッププレーヤーランキング一覧

マレー・ジョコ・ナダルとホント何年経ってもBIG4は健在ですね…

(嬉しいんだか、悲しいんだか、複雑な気分です)

長い間、お付き合いいただき本当にありがとうございました。

では次のバルセロナでお会いしましょう。





錦織選手[準々決勝]:敗戦
2017.03.30更新

▼怪我? 体調? 明らかに何かが違ったkei▼
【速報】錦織 準々決勝敗退
本当に残念ながら錦織選手。

「本日、準々決勝で敗退となりました」

昨日、インジュアリータイムを取って膝の治療をしていたので「膝が悪いのか?」。

本日の試合では、いつもはしていない「(利き腕の)右手首のテーピング」も気になりました。

連日のデイセッション(日中)でのフルセットマッチの影響で体力回復が出来なかったのか?

など様々な憶測がよぎりますが、現段階では公表されていません。

プレー内容も「錦織選手らしさ」が影を潜めていましたね。

  • フォアハンドがあきらかにエラーが多い
  • ドロップショットを多用しては、相手のフォニュイーニに拾われる。
  • (ポイント間を短くしたいために)サーブ&ボレーを多用する

頭の脳裏をよぎったのは、昨年のウィンブルドンで棄権したチリッチ戦。

スピードの出ていないサーブでのサーブ&ボレーを今回もマッチポイントで実行するあたりは、

「どこかの調子がおかしい」のは一目瞭然でした。

優勝のチャンスがあっただけに残念ですが、次のバルセロナに期待しましょう!

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は29日、シングルス準々決勝が行われ、第2シードの錦織圭は世界ランク40位のF・フォニュイーニ(イタリア)に4-6, 2-6のストレートで敗れて2年連続のベスト4進出とはならず、マスターズ初優勝のチャンスを逃した。
昨日の4回戦から2日連続の試合となったこの日、錦織は序盤から疲れが見え、第1セットの第4ゲームをラブゲームで落とす。その後徐々にギアを上げ、ゲームカウント3-5で迎えた第9ゲームでブレークバックに成功。しかし、続く第10ゲームで2度目のブレークを許し、このセットを落とす。
続く第2セットでは、ドロップショットでフォニュイーニを走らせ、最後はボレーで決めるなどのプレーを見せるも、リズムに乗りきれなかった錦織はミスを連発。3度のブレークを許し、フォニュイーニに初の敗戦を喫した。
錦織が位置するボトムハーフはシード勢の早期敗退が相次ぎ、3回戦以外はノーシードと対戦する組み合わせに。しかし、初戦はストレートで勝利するも以降はフルセットの苦戦を強いられ、4回戦では試合中に左膝を気にする場面が見られていた。
今大会、錦織は初戦の2回戦で世界ランク74位のK・アンダーソン(南アフリカ)、3回戦で第25シードのF・ベルダスコ(スペイン)、4回戦で同57位のF・デルボニス(アルゼンチン)を下して準々決勝へ駒を進めていた。


錦織選手の【次の大会(試合)は?】

錦織選手の次の大会は、4月24日より行われる「バルセロナ・オープン(クレー)」となります。

【関連ページ】
2017錦織選手の出場予定大会一覧(上半期)

バルセロナではBIG4と呼ばれるA.マレー、N.ジョコビッチ、R.ナダル、R.フェデラーが揃って出場となります。

ビッグネームとの対戦も楽しみですね。

その前に、今回の大会で怪我をしていたなら、まずはじっくりと完治目指して直してほしいですね。
幸いにもバルセロナまでは、まだ時間(日数)がありますので…


【他プレーヤーの結果など】
  • ベスト4のイスを懸け「フェデラーとベルディヒが対戦します」
  • 03.30

  • ベスト4のイスを懸け「キリオスとズベレフが対戦します」
  • 03.30

  • ナダルがベスト4進出決定しました
  • 03.30
    ※次の相手は錦織選手に勝ったF.フォニュイーニとの対戦です


【準々決勝のダイジェスト動画】1:39sec


今年に入ってあまり調子があがってこない錦織選手。

シード順までなかなか勝ち上がれません。
(今回も第2シードでベスト8止まり)

今年でちょうどプロ生活10周年を迎えます。

焦らずに頑張って!



では、またお会いしましょう


錦織選手[4回戦]:勝利
2017.03.29更新

▼4回戦はまさしく「粘り勝ち」▼
【速報】錦織 4年連続8強

錦織選手無事に4回戦も勝利してくれました!

世界ランク50位台の格下とはいえ、相手は今年世界NO1のA.マレーを破った勢いのある選手。

試合はファイナルセットまでもつれ、試合途中には左膝の治療を受けながらのプレーでした。

ファイナルでは先にブレークを許す苦しい展開となり、1-2で相手デルボニスのサーブ⇒1-3となる大ピンチの場面を潜り抜けブレークバックしてからは本当に「粘り勝ち」だったように思います。

暑い気候の中でよくぞ勝ち切ってきれました!

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は28日、シングルス4回戦が行われ、第2シードの錦織圭が世界ランク57位のF・デルボニス(アルゼンチン)に苦戦を強いられるも6-3, 4-6, 6-3のフルセットで破り、4年連続4度目のベスト8進出を果たした。
この日、錦織はドロップショットなど多彩なプレーでデルボニスを翻弄し、2度のブレークに成功して第1セットを先取。
続く第2セットでは、勢いに乗るデルボニスの強打に押されて先にリードを許す。ゲームカウント4-5の第10ゲームではブレークバックのチャンスを掴むが活かすことが出来ずに落とし、勝敗はファイナルセットへ
第2セット中盤から、錦織は度々トレーナーを呼んで左脚の膝から太ももにかけてを治療する場面が見られた。ファイナルセットの第1ゲームは4本のダブルフォルトを犯すもサービスキープに成功。しかし、第3ゲームでブレークを許して追う展開に。
その後、続く第4ゲームですぐにブレークバックに成功した錦織はギアを上げて流れを掴み、デルボニスを引き離して勝利を手にした。


【次の準々決勝の相手は?】

錦織選手の次戦となる準々決勝の相手は世界ランク40位のF.フォニュイーニという読みにくいwwイタリアの選手です。

イケメンですが「気性の荒い選手」としても有名で、

このマイアミの2回戦では相手と口論。

3回戦は、コートの後ろに設置されている音声マイクを蹴り倒し、

4回戦はラケットを地面に投げつけ叩き壊す

というソッチの世界の人みたいな人との対戦ですww。

気になる対戦成績は錦織選手の2連勝です!

相手を気にすることなく、しっかりと勝ち切って第2シードの貫録を見せてほしいですね


【準々決勝の試合日程は?】

>>30日4:00以降と決定しました<<
(現地29日の15:00以降)

登場はメインコートの第3試合目です。
(今日の試合ほど気温が暑くならないと思います)


【大会全般の結果など】
  • 第1シードのワウリンカが4回戦でA.ズベレフに敗退しました(6-4、2-6、1-6)
  • 03.29

  • 第4シードのフェデラーは3回戦のデルポトロに勝利し、4回戦も勝利し(順当に)ベスト8進出しました。
  • 03.29

  • 第5シードのナダルもこの大会3年ぶりにベスト8進出しました
  • 03.29


【準々決勝のダイジェスト動画】1:39sec



それではまた明日、更新いたします。

keiの勝利を祈りましょ^


錦織選手[3回戦]:勝利
2017.03.27更新

▼3回戦はバックのアングル&ストレートが自由自在♪▼
【速報】錦織 6年連続16強

錦織選手、無事にベルダスコとの3回戦を突破しました。

第1セット4-1まで先行し「楽勝か?」と思わせていたにも関わらず、第1セットはタイブレーク。第2セットもタイブレークとなる「泥試合」でしたが
最終セットは6-1としっかりと締めてくれました!
(ベルダスコのフィジカルも少し落ちたのが勝因でしょうか?)

大会もいよいよ中盤戦へと突入します。

シード選手との対戦がラッキーにも少ないのもチャンスです!

しっかりと応援していきましょう♪

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は26日、シングルス3回戦が行われ、第2シードの錦織圭が第25シードのF・ベルダスコ(スペイン)を7-6 (7-2), 6-7 (5-7), 6-1のフルセットで下し、苦戦も6年連続のベスト16進出を果たした。
この日、第2ゲームで早くもブレークに成功した錦織だったが、連続で凡ミスを犯すなどペースを乱してベルダスコに2度のブレークを許しゲームカウント4-5に。その後、第10ゲームでブレークバックに成功してタイブレークへ持ち込み、連続ポイントでベルダスコを引き離して第1セットを先取する。
続く第2セットでは、ギアを上げた錦織が1度のブレークに成功してリードを守り、第10ゲームでサービング・フォー・ザ・セットを迎える。しかし、取り切れずにブレークバックを許して再びタイブレークへ突入し、このセットを落として勝敗はファイナルセットへもつれ込む。
その後、徐々にリズムを掴んでいった錦織は、エア・ケイを披露するなど最後はベルダスコを圧倒し、勝利を手にした。


【4回戦の相手は?】

錦織選手の4回戦の相手は世界ランク57位のF.デルボニスというアルゼンチン選手です。

昨年のデビスカップで優勝した立役者の一人として今、勢いのある選手であることは間違いありません。

このマイアミ大会では2回戦で第15シードのP.カレノ=ブスタ(スペイン)を破っての勝ち上がりとなります。

変わった変則フォームからのサウスポーからのサーブがたまらなくカッコ悪いwwイメージがありますが、ストロークは威力ありますしフットワークもしっかりしていた感があります。

今回、錦織選手とは初対決!

ただこの大会の2回戦や3回戦のビッグネームの選手と比べると比較的「組み易い」プレーヤーではないでしょうか?


【4回戦の試合日程は?】

>>29日0:00決定しました<<
(現地28日の11:00)

詳細が分かり次第更新しますが、おそらく29日の試合になるのでは?

【大会全般の結果など】
  • 第5シードのナダルが3回戦で苦戦するも逆転勝利しました(0-6、6-2、6-3)
  • 03.27

  • 第4シードのフェデラーは4回戦でデルポトロと対戦が決定しました
  • 03.26

  • 第6シードのティエムは2回戦で早々に敗退しました(1-6,5-7)
  • 03.26


【3回戦のダイジェスト動画】1:18sec

0:54~1:00間の「エア圭⇒バックボレー」がたまらなくカッコいいです!


それではまた


錦織選手[2回戦]:勝利
2017.03.26更新



錦織初戦となる2回戦。

「見事勝利」となりました。

相手は元世界ランク10位まで登りあがったことのある「K.アンダーソン(南アフリカ)」との対戦で6-4、6-3でした。

強風のなかで行われた試合では「ビッグサーバーよりもストローカーが有利」な展開になるだけに、

世界ランキング4位の錦織選手に勝てるチャンスはアンダーソンにはほとんど残っていない感がありました。

試合終盤では、【紙一重の】見事なドロップショットを決めるなど観客も盛り上がっていたように思います。

【関連リンク】
【マジ絶妙】錦織圭のフォアのドロップショットが紙一重でコート「イン!」| 2017マイアミ・オープン2回戦
(※youtubeへ飛びます)

優勝への道のりはこれからですが、第2シードの錦織選手にとっては追い風となる情報も飛び込んでいます。

3回戦以降も楽しみですね!

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は24日、シングルス2回戦が行われ、第2シードの錦織圭が世界ランク74位のK・アンダーソン(南アフリカ)を6-4, 6-3のストレートで下して初戦突破、6年連続の3回戦進出を果たした。
シード勢は1回戦免除のため、この日が初戦だった錦織は元世界ランク10位のアンダーソンの強烈なサービスに、得意のリターンで対抗して第5ゲームでブレークに成功し、第1セットを先取。
第2セットの第1ゲームを終えた時点で小雨が降り出して約5分間 試合が中断するも、集中力を切らさなかった錦織が第3ゲームで鮮やかなバックハンドのウィナーを決めてアンダーソンのサービスゲームをブレーク。その後もリードを守り、危なげなく勝利を手にした。
今大会の第1シードはS・ワウリンカ(スイス)、第2シードは錦織、第3シードはM・ラオニッチ(カナダ)、第4シードはR・フェデラー(スイス)、第5シードはR・ナダル(スペイン)、第6シードはD・ティエム(オーストリア)、第7シードはチリッチ、第8シードはD・ゴファン(ベルギー)。


【3回戦の相手は?】

気になる錦織選手の3回戦の相手は、

2回戦同様に元世界ラングのトップ10選手であるF.ベルタスコ(スペイン)との対戦となります。

サウスポーのグリグリトップスピンで有名なベテラン選手です。

過去の対戦成績は2勝2敗のタイ。
(2連敗後に錦織選手が2連勝しています)

直近では昨年の全仏オープンでフルセットまでもつれましたが錦織選手の勝利となっています。

ATP1000の大会だけに序盤から厳しい相手ばかりですが、何とか勝利をモノにしてほしいですね!


【3回戦の試合日程は?】

F.ベルタスコ

>>27日(日)0:00プレー開始(※現地26日の11:00)<<となっています。


【大会全般の結果など】

順当にシード勢が勝った場合、錦織選手は準々決勝でM.チリッチとの対戦でしたが、そのチリッチは初戦(2回戦)で負けました。

また、錦織選手のドロー山に含まれていた他のシード選手も次々と敗退しています。
※L.プイユ(11シード)/P.カレノ=ブスタ(15シード)/G.シモン(20シード)など…

前回のBNP大会同様、錦織選手に追い風が吹いてますよ!


【2回戦のダイジェスト動画】1:36sec

それではまたお会いしましょう。

ご覧いただきありがとうございました。


いよいよ「マイアミ・オープン」開幕♪
2017.03.22更新

堂々の第2シードで登場します
maiami open draw

2017年に入って錦織選手の第6戦目。

「マイアミ・オープン」の大会がいよいよ明日より開幕します。

昨年は準優勝という悔しくも輝かしい成績をおさめたこの大会。

今年こそタイトルを狙って頑張って欲しいですね!



表記の通り、このマイアミ大会では錦織選手は第2シードで登場します。

【ATP1000】というグレード的にはグランドスラムに次ぐハイグレードな大会で、毎年トップ選手はほぼ全員出場するのですが、

今回はランキングNO1のマレー、NO2のジョコビッチは怪我で出場を断念しており

現世界ランキングで4位の錦織選手が第2シードと繰り上げになっています。

【参考】
最新世界ランキング(管理人作成)

悲願のグランドスラム優勝に向け「準決勝までは安泰に勝ち進む」ためには全仏オープンまでに何とか世界ランキングを4位に定着させたい錦織選手にとって、このマイアミの大会は優勝もしくは準優勝したい大会となります。

この辺りでビシッと決めてくれるでしょう!

【錦織選手の初戦の試合日程は?】

>>25日(土)2:00プレー開始<<
※現地24日の13時

※確定次第、改めて告知・更新しますが日本時間にして3/25または3/26の週末になると思われます。


【錦織選手の組み合わせ(ドロー)は?】

錦織選手の1回戦はシード選手のため不戦勝となってます。

2回戦は世界ランキング74位のK.アンダーソンと85位のD.ラヨビッチの勝者との対戦となります。

K.アンダーソン(南アフリカ)に決定しました
K.アンダーソン
<<過去の対戦は2勝1敗でリード>>

※K.アンダーソンは2015年にトップ10に入っていた強豪です。(怪我でランキングを74位まで落としましたが昨年末よりツアーに復帰しています)

【錦織選手の放送番組は?】
  • NHK(BS1):4/1~4/3の準決勝・決勝の模様を放送(予定)
  • GAORA   :3/23~4/3の1回戦~決勝までを放送

GAORA以外の方は何とか錦織選手のベスト4以上に期待しましょう!ww

【大会全般の結果など】

各シード選手は2回戦から登場となり、ビッグネームの対戦は本日はありませんでしたが、

同日本人プレーヤーの西岡選手が1回戦と突破したようです。

前大会であるBNPパリバでは…
・ベルディヒを破る金星
・ワウリンカに大接戦(で惜敗)

ランキングも58位と急上昇させ「日本人プレーヤーの2番手」としてこちらも期待がかかってきました。

(次戦は第13シードのJ.ソックとの対戦です)


【昨年度2016年度の動画集】

管理人である私pink suffleが作成した昨年のマイアミ・オープン錦織特集です。

(去年から初めてたので下手くそな動画ですがご了承くさだいね)

それではまたお会いしましょう♪




----スポンサードリンク----

このページの先頭へ