錦織圭 ATPツアーファイナル セイバーも出した「R.フェデラー」に惜敗…となった際のコメント・名言集です

2015 ATPワールドツアー・ファイナル | 「ロンドン」マスターズ会場
<<ATPワールドツアー・ファイナル | 「ロンドン」マスターズ会場>>

 

男子テニス最終公式戦となる2015「ATPワールドツアー・ファイナル(ロンドン・マスターズ)」の各予選もいよいよ終盤戦!

世界のトップ8人しか出場できない、名誉あるこの大会に錦織圭選手も出場しており、昨夜11/19にリーグ戦最終戦となる第3戦目に「世界ランクNo3」ロジャー・フェデラ-(スイス)選手と対戦しました。

1勝1敗でむかえた最終戦が予選突破するには「錦織選手がフェデラ-に勝ち」且つ「ベルディヒがジョコビッチに勝つ」という条件しか予選突破できない状況の錦織選手でしたが

結果は・・・

ご存じの方が多いと思いますが5―7、6―4、4―6の接戦に敗れ「スタン・スミス」グループ1勝2敗で終了となり2年連続の「ツアーファイナル準決勝進出」はできませんでした。

フェデラーには珍しいサービスダウン(サービスブレーク)が5回もあり、錦織選手のリターンが炸裂したのですが・・・
あのSABR(セイバー)と呼ばれるフェデラーの神業も繰り出してきて錦織選手のサーブを計6度ブレークに成功しました。
フェデラーセイバー セイバー イメージ

以下、関連記事です

錦織 惜敗もハイレベルなテニス展開「久しぶりに楽しめた一戦」
 2時間10分の大熱戦だった。「正直あまり覚えていない。内容を思い出せないぐらい集中していた」。両者合わせて11回のブレーク。錦織の奮闘が好試合を生んだ。第1セットを競り負けた後、第2セットは1―4とリードを許した。しかし、失うもののない錦織は追いつめられて目覚めた。どう猛な獣のようにボールに飛びつき、強打を連発。ここから5ゲームを連取して試合をイーブンに戻した。

 最終セットもめまぐるしくボールが行き交うハイレベルな打ち合いを展開。第4ゲームをブレークされながら第7ゲームでブレークバックするなど、最後まであきらめなかった。錦織は「負けはしたけど久しぶりに楽しめた一戦」と語り、「勝利が近かっただけに悔しい。あと数ポイントといえど、そこの差は大きい。まだ少しの余裕が彼にはある。そこの違いは小さいようで大きい」とフェデラーの底力を強く感じた。

 2年連続のベスト4は逃したが、好試合を演じて今季後半戦の不振を少しは払しょくできたようだ。「モヤモヤしていた中で、ベルディハに勝ったり、きょうもいいテニスが戻ってきた。自分らしいいいテニスを取り戻せたのは大きな満足。ポジティブに捉えてオフシーズンを過ごしたい」と今季を締めくくった。

【引用】http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151119-00000144-spnannex-spo

 

スタン・スミス」グループ対戦表 —終了結果

■スタンスミス N.ジョコビッチ R.フェデラー T.ベルディヒ 錦織 圭 勝敗
N.ジョコビッチ 準決勝進出
—-
●0-2
◎2-0
◎2-0
2-1
R.フェデラー 準決勝進出
◎2-0
—-
◎2-0
◎2-1
3-0
T.ベルディヒ 予選敗退
●0-2
●0-2
—-
●1-2
0-3
錦織 圭 予選敗退
●0-2
●1-2
◎2-1
—-
1-2

 

これで本年のATPトーナメントがすべて終了となった錦織選手ですが、ここでは錦織圭選手のフェデラー戦を終えての「コメント」「名言」を拾ってみました。

フェデラーとの戦いは、惜しさというよりも「やりきった」感の方が(コメントを聞いていても)充実していたように感じます。

※今年は、ウインブルドンの棄権やまさかの全米1回戦負けなど波乱含みだった1年でしたが、ラオニッチやチリッチは(ランキングが低く)このATPツアーファイナルに出場できなかったことや飛躍した昨年と勝利数が全く同じ54勝(16敗)だったことを考えると「よく頑張った!」といえる1年ではなかったでしょうか?

話が変わってしまいましたがそれでは「コメント」・「名言」集をご覧ください。

—-スポンサードリンク—-


ATPツアーファイナル

正直あまり覚えていない。内容を思い出せないぐらい集中していた

Rフェデラーに惜しくも敗戦となったものの「試合のポイントはどこにあったと思うか?」との問いに答えた名言・コメント

負けはしたけど久しぶりに楽しめた一戦・勝利が近かっただけに悔しい。あと数ポイントといえど、そこの差は大きい。まだ少しの余裕が彼にはある。そこの違いは小さいようで大きい

今回の敗戦によりRフェデラーとの通算対戦成績が2勝4敗となり、今後フェデラー戦に勝つためにどのように改善していくのか?との問いに対するコメント・名言

モヤモヤしていた中で、ベルディハに勝ったり、きょうもいいテニスが戻ってきた。自分らしいいいテニスを取り戻せたのは大きな満足。ポジティブに捉えてオフシーズンを過ごしたい

今大会(ツアーファイナル)を終えて2年連続出場したことに対してどう思うか?

ケイは素晴らしいリターナー。すごくしんどい試合だった。彼が転んでくれないかと思ったぐらいだ

錦織戦で中盤以降、かなりの苦戦を強いられたフェデラー。
今日の試合の内容について感想を求められフェデラーが答えた名言(コメント)

ベースラインの上からフォアでもバックでもストレートにリターンを叩き込んでくる

「(他の選手にはない)錦織の強さはズバり何なのか?」とメディアに問われ答えたフェデラーのコメント

以上

 
さて

錦織選手の居なくなったATPツアーファイナルですが、いよいよ大会は終盤のを迎えています。
本日は、錦織と反対のグループに入っている4選手の激闘。
気になる対戦カードは
「ナダル(5)Vs フェレール(7)」
「ワウリンカ(4)Vs マレー(2)」
とまさにこちらも激闘です。
明日21日5:00~開始となるワウリンカVs マレーがお互い1勝1敗同士の対戦となり、おそらく勝者が準決勝進出となる為、お互いの「カモォ~ン!」が連呼されることは間違いなさそうですね(・∀・)

———————————————-
GAORAにて連日放送中 22:55~26:30
NHK総合も連日放送中 23:00~24:50
NHKBSも連日放送中 05:00~
※放送時間は前後する場合があります
※WOWOWは残念ながら放送はありません
———————————————–

----スポンサードリンク----

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ