錦織圭「2017ウィンブルドン(全英オープン)」 動画・ニュース&コメントなど

suffle Pink(管理人)
2017年の錦織選手のウィンブルドンは3回戦で敗退となりました。
来年もシード選手として登場してほしいですね!

Wimbledon Hot! Hot!! News☆ |

suffle Pink(管理人)
全英オープンにおける気になるプレーヤーの勝ち上がりや結果など最新ニュースと共にピックアップしてお届けします

7月17日更新分 | ロジャーが8回目の優勝を飾る


R.フェデラーが全試合ストレート勝ちの圧勝で偉業に華を添えました。
昨日行われたM.チリッチとの決勝。
「(試合が)長引けば勝機あり」と準決勝の勝ち上がりが(フェデラー同様に)素早しい内容だったチリッチでしたが、結果はR.フェデラーの8回目の優勝となりました。

M.チリッチの試合中の涙にも多くの称賛の声が!

M.チリッチの涙
第2セット途中のM.チリッチの突然の涙にビックリされた方も多かったと思います。
理由は「(左足のマメの影響で)こんな大事な日に、ベストなプレーが出来ないという精神的なものだった。色んな感情が絡み合っていた」からだとか…
「酷いマメになっていた。準決勝でも感じていた。足の皮膚から水が出てきてしまった。トレーナーや医師に感謝したい。試合までの30時間、ずっとそばにいてくれた。出来ること全てをやってくれたけど、残念ながら痛みは消えなかった」
べストを尽くしたいのに尽くせないもどかしさで痛みと自分とも戦っていた努力家のチリッチ。
観客からも大きな声援でよく最後まで頑張ったとホント思います。

7月15日更新分 | Wimbledon

いよいよ残すは決勝のみ!
対戦カードはR.フェデラぁーとM.チリッチぃー…


フェデラーの8度目の優勝まであと1つ!
1回戦から失セット0(ゼロ)の完璧な勝利でここまで来ています。
※優勝はほぼ間違いないと思いますので、ここは「全試合失セット0(ゼロ)」で行ってほしい!

試合は明日16日に行われます。
(すんげー楽しみ♪)


7月13日更新分 | Wimbledon

いよいよベスト4が決定しました。
マレーもジョコもあのナダルもまさかの敗戦…

トップシードはフェデラーのみ勝ち残り

女子だけでなく男子も番狂わせが続いています。
マレーは臀部を押さえてフィジカルに精彩を欠き…
ジョコは途中棄権…
ナダルはフルセットでまさかのアップダウン…
2週目に入ってこんなことあるんでしょうか…

一方でフェデラーが「完璧なテニス」を披露し続けています。
準々決勝も昨年苦杯を味わったラオニッチにストレート勝ち!
一気に優勝の可能性がアップしましたね。

気になる準決勝の対戦カードは以下の通り

  • R.フェデラーvs T.ベルディヒ
  • M.チリッチvs S.クエリー

試合は7月14日に行われます

7月9日更新分 | Wimbledon

前半戦が終了し、男子はベスト16が揃いました。
明日からはベスト8~優勝を懸けた更にアツい熱戦が始まります。

ベスト16出揃う


対戦カードは以下の通り。
(どの試合も面白そうですね)

  • A.マレーvs B.ペール 
  • N.ジョコビッチvs A.マラリオ
  • R.フェデラーvs G.ディミトロフ
  • R.ナダルvs G.ミュラー
  • M.チリッチvs R.バウティスタ-アグ
  • M.ラオニッチvs A.ズベレフ
  • D.ティエムvs T.ベルディヒ
  • S.クエリーvs K.アンダーソン


7月6日更新分 | Wimbledon

ここまでの日本人プレーヤーの結果

日本人プレーヤーは錦織圭、ダニエル太郎、杉田祐一の3選手が本戦ドローインしています。

  • ダニエル太郎
  • ⇒1回戦敗退

  • 杉田祐一
  • ⇒2回戦進出(本日7月6日2回戦)
    ※杉田は勢いで今日も勝てそうな気が..


    7月4日更新分 | Wimbledon

    S.ワウリンカ敗退!


    今年の全仏、準優勝であるワウリンカが1回戦で敗退しました。
    勝って当たり前の上位シード選手…
    プレッシャーも計り知れないものがあるんでしょうね。
    ※他のトップ選手としてはA.マレーとR.ナダルは無事に1回戦を突破しました。

    7月2日更新分 | Wimbledon

    R.フェデラーが予想する優勝候補は?

    フェデラーが記者会見の席で「優勝候補は誰になるか?」との質問に錦織選手の名前も挙げていましたね!
    錦織選手以外の選手としてA.ズベレフ(ドイツ)、N.キリオス(オーストラリア)、Mラオニッチ(カナダ)、G.ディミトロフ(ブルガリア)の若手。
    M.チリッチ(クロアチア)、S.ワウリンカ(スイス)の名前などを挙げています。
    いよいよ明日より開幕です♪


    6月28日更新分 | Wimbledon

    男子のシード順位が決定

    錦織選手はランキング通りの第9シードに決定しました
    各シード順は以下の通りです。

    • 第1シード:A.マレー(イギリス)
    • 第2シード:N.ジョコビッチ(セルビア)
    • 第3シード::R.フェデラー(スイス)
    • 第4シード:R.ナダル(スペイン)
    • 第5シード:S.ワウリンカ(スイス)
    • 第6シード:M.ラオニッチ(カナダ)
    • 第7シード:M.チリッチ(クロアチア)
    • 第8シード:D.ティーム(オーストリア)
    • 第9シード:錦織圭(日本)
    • 第10シード::A.ズベレフ(ドイツ)

    ランキング2位のナダルが第4シード
    ランキング3位のワウリンカが第5シード
    ランキング4位のジョコビッチが第2シード
    ランキング5位のフェデラーが第3シード
    ランキング6位のチリッチが第7シード
    ランキング7位のラオニッチが第6シード
    と過去のウィンブルドンの実績により幾分かシード順位が変更されています







    錦織圭 試合結果&スコア | Wimbledon

    Rou Res Opp Ran Sco
    3 Lose R.バウティスタ-アグ 19 4-6,6-7(3),6-3,3-6
    2 win S.スタコフスキ 122 6-4,6-7(9),6-1, 7-6(8)
    1 win M.チェッキナート 105 6-2,6-2,6-0
    >>ウィンブルドン全体のドローはココ<<
    ~公式サイトより~


    –スポンサードリンク–



    suffle Pink(管理人)
    「Wimbledon」の概要です

    錦織圭 動画 | Wimbledon

    suffle Pink(管理人)
    錦織選手ばかりを集めた動画コーナーです。

    3回戦動画 3:00 | vs R.バウティスタ-アグ(スペイン)

    敗戦動画がなかなか存在しなくて…
    wowowの特設コーナーよりピックアップしてみました
    デイリーナビ ウィンブルドン大会第5日

    2回戦動画 0:44 | vs S.スタコフスキ(ウクライナ)

    勝利の瞬間動画です。
    過去0勝2敗の相手に勝ちホッとした表情?が印象的でした

    2回戦動画 2:04 | vs S.スタコフスキ(ウクライナ)

    プレー動画~【公式サイト】より~

    1回戦動画 0:23 | vs M.チェッキナート(イタリア)

    マッチポイントのみの動画です。
    終盤は余裕からサーブ&ボレーを頻繁に試していました。

    プラクティス動画

    先月30日に現地入りした錦織選手。
    今年もケガの影響が心配されますが「徐々に良くなってきている」とコメント。
    昨年以上のベスト8を目指してほしいですね!






    keiの” コメント ” | Wimbledon

    suffle Pink(管理人)
    keiの今大会でのコメントを公式ブログツイッター公式アプリなどからピックアップしてお届けします

    7月8日コメント | 3回戦敗戦後


    11回のブレークポイントで2回しか取り切れなかったことが敗因と語った錦織選手
    普段はあまり見せないラケットを投げつけるアクションも相手に隙を見せたように感じます

    • 「サーブの入りが良くなく、場面場面によって入れなきゃいけないところで入らなかったり。ダブルフォルトも、もったいないところで何回かあったり…」
    • 「試合にあまり勝っていないので、大きな自信が生まれてこなかったと思う。少しずつ自信がついてくれば、またプレーも変わってくる。このグラスコートでいいプレーを出来ずに、今日は負けてしまった」
    • 「ブレークポイントがあった中で、最後まで取りきれなかった。それがストレスの溜まる戦いの原因になった。残念です」
    • 「(第1、第2セットを)どうにかして取りきれていれば、もう少しリラックスして戦えた」
    • 「(相手は)フラットの低いボールを打ってくるので、攻めにくかった。芝でもアグレッシブにプレーしてきた。ディフェンスの場面が多かったので、攻めなきゃいけない場面でも難しかった」


    7月5日コメント | 2回戦勝利後


    試合中の羽アリに多くの選手が悩まされました。
    他のプレーヤーは「何匹か飲み込んだ(オエっ)」つぶやいていましたww。

    • 「羽アリにはびっくりしました。悪い時はラリー中に2回くらい顔に当たってきた。試合後にバッグの中を見たら10匹くらい入っていた。あそこ(コート1)ではやりたくない」
    • 「2・4セット目はタフでした。(第2セットを落として)多少のショックはありましたけど、(第3セットは)いい流れで始められた。(第4セットの)タイブレークも危なかったですが、4セットで終えられて良かった」
    • 「彼(スタコフスキの)サービスがいい時はブレークチャンスもない。この勝利で自信を持って3回戦も迎えられる」


    7月3日コメント | 1回戦勝利後


    6-2、6-2、6-0と圧巻の勝利で1回戦を終えた錦織選手。
    今後の試合に備えて芝の感触を確かめながら色んなプレーを試していたように感じます。

    • 「余裕があった。試しながらやっているところはあった」
    • 「どのセットも先にブレーク出来た。自分のプレーを貫いて、今日は前に出てプレッシャーをかけられた。相手のミスも多くてあまりラリーにならなかった。後半はサーブが良くなって、いいところは沢山ありました」
    • 「前に出る回数を増やして、なるべくチャンスを逃さないように意識した」



    keiの試合総評(記事News) | Wimbledon

    suffle Pink(管理人)
    keiが行った試合内容を記事ニュースとしてお届けします。
    【参考サイト】⇒tennis365.net

    3回戦試合総評 | バウティスタ-アグ戦

    ■錦織16強ならず 負け

    テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は7日、男子シングルス3回戦が行われ、第9シードの錦織圭は第18シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)に4-6, 6-7 (3-7), 6-3, 3-6で敗れ、2年連続3度目のベスト16進出とはならなかった。
    この日、序盤から得意のバックハンドのウィナーを決めた錦織だったが、互いにサービスキープが続いて迎えた第10ゲームでミスが先行してバウティスタ=アグにブレークを許し、第1セットを落とす。
    続く第2セットも激しいストローク戦となり、ドロップショットなど多彩な攻めを見せたがブレーク出来ず、両者サービスキープが続く。タイブレークでは、ミスが続いてバウティスタ=アグにポイント先行を許し、2セットダウンの崖っぷちに立たされる。
    第3セット、依然として試合の主導権を掴めない錦織だったが、第8ゲームで試合を通じて初のブレークに成功し、リードを守って第3セットを奪い返す。
    第4セット、第1ゲームでブレークに成功した錦織だったが、第4ゲームでブレークバックを許してしまう。その後もバウティスタ=アグの流れを止めることが出来ず、粘りを見せたが敗退となった。

    2回戦試合総評 | スタコフスキ戦

    ■錦織 3回戦進出 勝ち

    テニスのウィンブルドン(イギリス/ウィンブルドン、芝、グランドスラム)は5日、男子シングルス2回戦が行われ、第9シードの錦織圭が世界ランク122位のS・スタコフスキ(ウクライナ)を6-4, 6-7 (7-9), 6-1, 7-6 (8-6)で下し、2年連続5度目の3回戦進出を果たした。
    この日、錦織はスタコフスキの強烈なサービスに苦戦も、第5ゲームではミスを誘い出してブレークに成功。第8ゲームはスマッシュのミスなどを犯してブレークバックされたが、第9ゲームで目の覚めるようなパッシングショットを決めてブレークし、第1セットを先取。
    第2セットはゲームカウント2-5からタイブレークへ持ち込み2本のセットポイントを握ったが、終盤のダブルフォルトが影響してセットカウント1-1に追いつかれる。
    第3セットは第4ゲームでスタコフスキのサービスゲームを破ると、王手をかける。
    第4セットでは両者譲らず、この試合2度目のタイブレークへ突入し、最後は錦織が取りきって勝利した。

    1回戦試合総評 | チェッキナート戦

    ■錦織が初戦突破 勝ち

    テニスのウィンブルドン(イギリス/ウィンブルドン、芝、グランドスラム)は3日、男子シングルス1回戦が行われ、第9シードの錦織圭が世界ランク102位のM・チェッキナート(イタリア)を6-2, 6-2, 6-0のストレートで下し、6年連続6度目の初戦突破を果たした。
    大会初日の3日、第1セットの第1ゲームで早くもブレークに成功した錦織は、その後4ゲームを連取し、勢いそのままにこのセットを先取。
    続く第2セットでも第1ゲームでブレークした錦織は、さらに加速。第3セットもチェッキナートを圧倒し、勝利を手にした。




    錦織圭” 試合スケ”

    suffle Pink(管理人)
    錦織選手の次の大会は7月31日開催のシティ・オープンとなります

    次戦スケジュール | Wimbledon後

    シティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)

  • グレード:ATP500
  • 期間:7月31日~8月6日
  • 開催場所:アメリカ(ワシントンDC)

3回戦スケジュール | Wimbledon

R・バウティスタ=アグ(スペイン) 負け

  • 対戦相手 :R.バウティスタ-アグ(スペイン)
  • 世界ランク:19位
  • 対戦成績 :4勝0敗
  • 2回戦スケジュール | Wimbledon

    スタコフスキ 勝ち

  • 対戦相手 :S.スタコフスキ(ウクライナ)
  • 世界ランク:122位
  • 対戦成績 :0勝2敗
  • 1回戦スケジュール | Wimbledon

    マルコ・チェッキナート 勝ち

  • 対戦相手 :マルコ・チェッキナート(イタリア)
  • 世界ランク:105位
  • 対戦成績 :0勝0敗(初対戦)



  • keiの放送番組・時間帯は? | Wimbledon

    suffle Pink(管理人)
    錦織選手は敗退しましたが、まだまだウィンブルドンは続きます

    ウィンブルドン放送スケジュール

    • WOWOW
    • 連日完全ライブ放送が決定しております!

    • NHK(BS)
    • [総合] ※決勝のみ?※

    ウィンブルドン ロゴ

    【管理人が作成した安心サイトです】
    とりあえずウィンブルドンだけで良いから「【早く・安く】観たい!」という方は必見!
    WOWOWで失敗しない【加入・解約】の方法をまとめました
    ・1ヶ月分の料金で2ヶ月間も見放題!
    ・解約は電話するだけでカンタンに!…etc
    >>詳細はコチラ<<
    ※別サイトへジャンプしますのでご注意ください



    ----スポンサードリンク----

    コメントは受け付けていません。

    このページの先頭へ