【動画付】錦織圭 「R.ナダル」に惜しくも敗退 | 「BNPパリバ・オープン」準々決勝

錦織選手が出場している「BNPパリバ・オープン(アメリカ)2016.03.13~03.20」ですが、本日準々決勝でR.ナダル(スペイン)と対戦し残念ながら4-6, 3-6のストレートで敗れてしまいました。

本日、早朝AM4:00からの対戦にも関わらず週末ということもあり視聴していた方も多いんではないでしょうか?
【速報】錦織 ナダルに完敗
いやぁ、錦織選手残念でしたね・・・

ニュース等の報道では「錦織惨敗」・「対戦成績がこれで1勝8敗になり大きく差が開いた」など、悲観的なゴシップが多く残念でしたが、「惜敗」といって良い内容だったと思います。
序盤はリードしながら「追いつかれ」、終盤はリードされながら「追いつき」というシーソーゲームを繰り広げていましたのが、極論からいえばこの試合は「ナダルが良すぎましたね」
大事なところでのスーパーショットが入ったり、ネットインがあったりなどこの試合(だけ)に関してはナダルに「運」もあっただけで、錦織選手自身としては大いに今後も期待が持てるプレー内容でしたよ!

「序盤、彼(錦織)はとても早いテンポでボールをハードヒットしてきた。攻撃的だったし、サービスも良かった。しかし徐々にファースト・サービスの入りが悪くなり、第2セットでは彼のサービスをしっかり攻撃的にリターン出来るようになった。それは彼との対戦ではとても必要なこと。」
「試合を通してずっと前向きでいられたし、自分自身を再び信じることが出来ている。そんなプレーを取り戻すことが出来たこの圭との試合は、とても前向きに感じている。
試合後の会見でナダルが語ったコメント(一部抜粋)より

(錦織選手があの強いナダルを復活させつつある・・・そんな感じで今後のナダルは怖い感じがしますね…)

では、遅くなりましたが動画の方を2本アップしてみました。
※ナダルのスーパーショットは別に1本の動画でアップしています
それではご覧ください。

—-スポンサードリンク—-




【速報】錦織 ナダルに完敗2016.03.19
男子テニスのBNPパリバ・オープン男子(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード)は18日、シングルス準々決勝が行われ、マスターズ初優勝を狙っていた第5シードの錦織圭(日本)は第4シードのR・ナダル(スペイン)に4-6, 3-6のストレートで敗れ、大会初のベスト4進出を逃した。
この試合、錦織は序盤からフォアハンドのウィナーを決めるなどで主導権を握り、第3ゲームでブレークに成功する好スタートを切った。しかし、第6ゲームでブレークバックされると試合の流れはナダルに傾き始め、第10ゲームでは2度目のブレークを許してこのセットを落とす。
第2セットに入ると勢いが加速するナダルに対し、錦織は第2ゲームでブレークされて失速してしまう。第7ゲームではブレークバックするも、ナダルの強烈なフォアハンドに苦戦して第8・第9ゲームを連取され、ストレート負けを喫した。
今回の対戦で錦織はナダルとの対戦成績を1勝8敗とした。昨年のロジャーズ・カップ男子では錦織がナダルにストレートで勝利していた。
過去のBNPパリバ・オープン男子で、昨年のベスト16進出が自己最高成績だった錦織。16日に行われた4回戦では第9シードのJ・イズナー(アメリカ)を1-6, 7-6 (7-2), 7-6 (7-5)の大逆転で下して大会初のベスト8進出を果たした。
今シーズンは1月の全豪オープンで2年連続3度目のベスト8進出、2月のメンフィス・オープンでは大会史上初の4連覇を達成している。
一方、勝利した元世界ランク1位のナダルは過去のBNPパリバ・オープンで2007・2009・2013年にシングルス、2010・2012年にダブルスで優勝を飾っている
【引用元】http://news.tennis365.net/news/today/201603/108800.html
----スポンサードリンク----

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ