錦織圭が日本初の最高シードで全米OPに挑む!

31日に開幕するテニスの4大大会今季最終戦、全米オープンの男子シングルスで、世界ランキング4位の錦織圭は自己最高の第4シードになった。大会主催者が25日に発表した。

4大大会での第4シードは1968年の大会オープン化以降、日本の男女を通じて最も高いシード。錦織は今年の全豪、全仏、ウィンブルドンでは第5シードだった。

昨年準優勝で初の4大大会優勝を目指す錦織は第4シードに入ったことで、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、ロジャー・フェデラー(スイス)、アンディ・マリー(英)の上位シード勢との対戦は準決勝以降となる。

 

【引用】http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150826-00000026-nkgendai-spo

 

 

 


[AdsByGoogle]


----スポンサードリンク----

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ