ティ・オープン3回戦 「レオナルド・マイェール」 との対戦前コメント

相手はどこからでも、どこにでも打てる選手。展開も速いので、それについていくこと。スタートからラケットを振り抜いて、相手を振り回していきたい。

※足首の故障からウインブルドン2回戦を棄権して以来の復帰戦【ティ・オープン】で3回戦でレオナルド・マイェール(Rk35位)を迎えるにあたっての言葉
得意のハードコートで今月末には4大トーナメントを控えており、今大会では第1シードのA・マレー(英国)、第5シードのK・アンダーソン(南アフリカ)、第9シードのV・トロイキ(セルビア)、第10シードのI・カルロビッチ(クロアチア)、第11シードのB・トミック(オーストラリア)、第14シードのP・クエバス(ウルグアイ)らシード勢が初戦敗退しているので復帰戦ながらも『優勝』に期待です!

----スポンサードリンク----

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ